WTI原油が12年ぶりの安値

米国の景気が回復基調となっており、利上げに向かって動いている。
2016年01月08日の米雇用統計も市場予想を大幅に上回るよい数字。
景気のよい話がうごめく米経済を尻目に、危ういきな臭さが漂っているのが中国。

人はマイナスに対して必要以上に反応をしますから、米国の景気回復よりも中国の景気減退に目が向いてしまうのでしょう。
中国の景気減退から上海株の下落
そして、景気関連でNY原油の下落。

WTI原油月足

チャートを眺めれば、キッカケがあれば底となってもよい状態にはなっている模様。
ただ、キッカケがない様子であり、流れは下落のまま。

米国の景気回復の足かせにならなければ良いと思われる中国の景気。
何処の金融市場も中国の景気動向に注目が集まっているのでしょう。

ただ、相場というのは不思議なもので、最悪の状態で底をつけるので、みんなで一斉に弱気になったときが底なのでしょう。
大底かどうかは別にして、一回戻る地点が出てくるのでしょう。

2016年に入ってから3営業日で2400億ドルの時価総額が減少した中国上海市場。
時価総額が減少したというと非常に弱いイメージになりますが、膨らんだものが縮んだだけの話。
何も世界の終わりっていう話ではない。

総弱気になるその日が浮上のスタート日。
慌てず騒がずいつになるのか楽しみに待っていれば良いのではないでしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
市場にナメられている日銀の金融政策
スタートをするときに、出口を想定する
酉年のオープニング相場は?
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
プレミアムフライデーは普及できるか?
年金運用は-5.3兆円(2015年度)だけど、感情的に批判をしないことをオススメ
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
先々を見ようとするから難しい
ドル高円安の流れはいつまで続く?
やはり住宅は無理して買うようなモノではなく、無理して買うような時期でもない?
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?

Menu

HOME

TOP