捨て子線からの相場は?

頑張っていた日経平均株価もここまでか……
と、思わせたのが08/14のローソク足。
それまで右肩下がりでジリジリと下げていたため、売りの時間帯を費やし時間稼ぎをしているのか?などと考えていたのですが、ズボッと下に出てきてTHE END……。
が、翌日の切り返し。
この切り返し方が、復活の狼煙かもしれないと言う状態になっています。

04/17の安値が18224.28円であり、06/20の高値が20318.11円。
この上昇を見せつけてからの08/14の安値が19486.48円。
上昇に対する0.382の押しをやった地点で出来た形が「捨て子線」。
この捨て子線をストップロスとした買いが成り立つ形なのでしょう。

しかし、トレンドを上昇トレンドに変えたという状況ではなく、06/20の20318.11円から始まっている下降トレンドの中で作り上げた捨て子線からの反発。
上昇トレンド形成中とは日足から言える形ではなく、短期的な状況から安値の19486.48円からの上昇と言うところまで。

捨て子線が気になるのならば、売り玉の手仕舞いくらいまでの形であり、新規で買いを仕掛けるのならばストップロスは当然必要であり、せめて基準線とゴールデンクロスをしてからでは?

止まっても問題のない価格を出し、ローソク足の組み合せまで買い相場の形にしたため、買うことは可能ではありますが、トレンドの変化を確認できるまでは、試す程度が無難かと。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドル円相場を週足・日足から検証
相場・マーケットは時間と値幅
相場・マーケットで利益をあげるための意識改革
都合の良い考え方が大きな損失を招く
行動経済学的に相場・マーケットにアプローチしてみる
ドル円を週足から検証した場合の目標値
コントロールできるモノをコントロールする
利益を上げるために重要な2つのこと
為替相場のチャートと日経平均株価のチャート
感情のバランスの悪さを改善させるためには?
値幅・日柄から考える日経平均株価
こだわるのはそこですか?
相場・マーケットに負ける人の条件
日経平均をテクニカルの視点から判断すると……
相場の流れを作れないのだから創らない

Menu

HOME

TOP