NYダウはリーマン・ショック以降9年2ヶ月ぶりの下げ幅

NYダウがリーマン・ショック以降最大の下げ幅となっているようです。
ここまで頑張ってきたのだから、下げるときには崩壊気味に動いても仕方がないのでしょう。

数日前から13日移動平均線割れをみせており、「おやっ?」という形になっていたのは事実。
しかも6日移動平均線に押さえられている状態ですから、「もしかして」ということは考えておく必要があったチャートなのでしょう。

ただ、これは日足ベースのチャート。
このチャートでは崩れたっぽい形ですが、週足レベルで検証したときに、崩れた形となっているのか?ということです。

そして、CFDでもヤラない限り、NYダウは気にしても関係のない銘柄。
株式となれば日経平均でしょうから、NYダウの形を気にする以上に取引している銘柄のチャートを気にしなければならないのでしょう。
気にしたところでチャートを自分に都合よくだけ眺めていれば、寝ていたほうがマシだってことになりますが……

日経平均株価のチャートはNYダウのチャートよりも先に、「おや?おやおやっ??」と言う形になっていたと考えられ、数日前から「売り」の形になっていたことが確認できます。

ここからのチェックポイントとして眺めているのは、実線が52日移動平均線をどう扱ってくるのか?
そして、雲に対しては?
と、なっていると思います。

実線だけではなく、せっかくですから遅行線も見ておけば、より深い検証になるでしょうから、少しだけ検証しておくと、実線とデッドクロスとなるのか?ということなのでしょう。

すでに基準線とデッドクロスとなっている実線が52日移動平均線とデッドクロスとなったとき、遅行線が実線とのデッドクロスとなれば、この相場はきっちりと調整を入れてくることが考えられます。

個人的には3月を目処に考えていたので、この辺で天井となっても問題はないのですが、じっくりと追って行きたいと考えています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

やはり住宅は無理して買うようなモノではなく、無理して買うような時期でもない?
保険のプロって誰のこと?
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
中国上海株式暴落!底なし沼?(笑)
金銭教育なんてムリ!無理!!だと思うわけ
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
運用は損をするのも、利益を出すのも個人の自由であって、「良い」とか「悪い」とかの世界の話ではない
株式市場はバブルなのか?
不透明な市場環境だと感じたときには
国民皆年金と年金保険は、どちらがお得?
追加緩和の噂が出てきたけど……そもそもマズくない?
ビットコインが100万円超えって、正気の沙汰なのか?
東日本大震災以来のインパクト
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件

Menu

HOME

TOP