NYダウはリーマン・ショック以降9年2ヶ月ぶりの下げ幅

NYダウがリーマン・ショック以降最大の下げ幅となっているようです。
ここまで頑張ってきたのだから、下げるときには崩壊気味に動いても仕方がないのでしょう。

数日前から13日移動平均線割れをみせており、「おやっ?」という形になっていたのは事実。
しかも6日移動平均線に押さえられている状態ですから、「もしかして」ということは考えておく必要があったチャートなのでしょう。

ただ、これは日足ベースのチャート。
このチャートでは崩れたっぽい形ですが、週足レベルで検証したときに、崩れた形となっているのか?ということです。

そして、CFDでもヤラない限り、NYダウは気にしても関係のない銘柄。
株式となれば日経平均でしょうから、NYダウの形を気にする以上に取引している銘柄のチャートを気にしなければならないのでしょう。
気にしたところでチャートを自分に都合よくだけ眺めていれば、寝ていたほうがマシだってことになりますが……

日経平均株価のチャートはNYダウのチャートよりも先に、「おや?おやおやっ??」と言う形になっていたと考えられ、数日前から「売り」の形になっていたことが確認できます。

ここからのチェックポイントとして眺めているのは、実線が52日移動平均線をどう扱ってくるのか?
そして、雲に対しては?
と、なっていると思います。

実線だけではなく、せっかくですから遅行線も見ておけば、より深い検証になるでしょうから、少しだけ検証しておくと、実線とデッドクロスとなるのか?ということなのでしょう。

すでに基準線とデッドクロスとなっている実線が52日移動平均線とデッドクロスとなったとき、遅行線が実線とのデッドクロスとなれば、この相場はきっちりと調整を入れてくることが考えられます。

個人的には3月を目処に考えていたので、この辺で天井となっても問題はないのですが、じっくりと追って行きたいと考えています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

FRB議長「ビットコインは極めて投機的資産」
ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?
運用は損をするのも、利益を出すのも個人の自由であって、「良い」とか「悪い」とかの世界の話ではない
常識が非常識になるのがマーケット
日経平均暴落!調整は何処まで?
何故、借金王国日本円が買われて、ドル安円高になるの?
2018年3月は株式市場に注目したほうが良いのでは?
蓮舫議員が日経平均株価を押し上げ、稲田議員が日経平均株価を行って来いとさせた?
知ろうとしないと損をする世の中
SMAP解散から知る、マーケット材料とは?
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
中国上海株式暴落!底なし沼?(笑)
ビットコイン30%の急落も、週足で見れば良い押しか?
個人型確定拠出年金(iDeco)はどんな人向け?
無料の情報は、価値が無いから無料なのです

Menu

HOME

TOP