26年ぶりの高値を付けた日経平均株価が目指している価格は?

日経平均株価が、26年ぶりの高値を付けてきており、活況に沸いている株式市場。
26年ぶりの高値と言っても、バブル崩壊簿に崩れてきたときにの値段を取ってきたというだけですから、高値だ高値だと騒ぐにはちょっとどうかと思ってしまいます。

NYダウは史上最高値を更新ということですから、こっちはこれまでにない高値を出しているわけです。
日本の場合には「バブル」と呼ばれていた時期が存在しますから、本物の上昇と呼ぶには若干の抵抗がある状況。
若干の抵抗はあるにしても、26年間の売り玉を捕まえ、26年間の買い玉に利が乗っているのだから、上昇トレンドだということに間違いはないのでしょう。

日柄的に3月までがひとつの目安だと考えていましたが、価格がここまで上昇するとはびっくり仰天。
まぁ、38957.44円という史上最高値があるのですから、上昇してきても不思議ではないのでしょうけれどもね。

で、38957.44円から紆余曲折がありながらも6994.40円まで下げたわけです。
途中戻りもありましたし、ITバブルと呼ばれた時期もありました。
米国ではサブプライム・ローンからのリーマン・ショックを経験してきたわけです。
NYダウを円換算したものが日経平均株価ではありませんから、NYダウを気にしつつも過信は禁物。
日経平均は日経平均で考える必要があるのでしょう。

では、38957.44円から6994.40円まで下げた相場がどの程度戻るのか?と言うことを計算すると

0.382=19204.59円
0.5=22946.17円
0.618=26747.75円

既に半値戻りの22946.17円を突破した状況。
これだけの時間軸で考えているのですから1000円程度の誤差は許容範囲かもしれませんが、とりあえず形的には半値戻りを突破し0.618の戻りを目指しているということ。

3月までに0.618の戻りを見せて、FOMC近辺で反転してきたならば、読み通りということになりますが、果たしてそんな動きをしてくれるのでしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

景気が良くなったと言われていますが、これだけギスギスとした世の中では……
「おやっ?」と思わせるNYダウと日経平均株価
「神の見えざる手」には逆らえない!?と言うことを理解したい
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
NYダウは1回天井?
三菱東京UFJ銀行が「国債」から離れる?
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
貯蓄ができなくても悩む必要なし!何故ならば……本文を読め!!(笑)
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
景気が本当によくならない原因
投資を始めるときの第一歩
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価

Menu

HOME

TOP