25年という経験則からのお話し

日本語というのは難しく、捉えようによって大きく意味を変えてしまいます。
相場・マーケットの世界では、読み手が都合よく解釈することが多く、全く別の意味になってしまうことも。

相場・マーケットに参加していると「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」という言葉を、何回も聞いたことがあると思いますが、個人的にですが、この「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」という言葉は、「曖昧過ぎて使いものにならない」と思っています。

「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」という言葉は、急激に上昇したときや上昇し続けたときに「買われ過ぎ」という言葉が使われ、急激に下落したときや下落し続けたときには「売られ過ぎ」なる言葉が使われる傾向が多いようです。

急激に上昇したり、上昇し続けたとしても、何を根拠に「買われ過ぎ」なのかが不明。

急激に下落したり、下落し続けたから「売られ過ぎ」だというのは、主観以外の何物でもなく、主観で相場・マーケットが獲れるのならば、誰も苦労しないということ。

 

トレンド

しかし、面白いことに「買われ過ぎ」という相場になると売りたくなるし、「売られ過ぎ」という相場になると買いたくなるのが市場参加者。
とくに、アジア圏の市場参加者は、「買われ過ぎ」で売る傾向が強く、「売られ過ぎ」で買う傾向が強いのです。

 

「買われ過ぎ」と言われる相場が、そこから上昇してはいけないということはなく、上昇し続けても何も問題はありません。
逆に「売られ過ぎ」の相場が、更に下落し続けることが悪いわけでも何でないのです。

「買われ過ぎは売る」そして「売られ過ぎは買う」という、勝手な思い込み。「買われ過ぎ」を売ってはいけないということではないし、「売られ過ぎ」を買ってはいけないということではありません。

持ちたいポジションを持つのが相場であり、相場はあくまでも自己責任。
好きなポジションを持てばよいのです。

ただ「買われ過ぎ≠売り」であろうし「売られ過ぎ≠買い」だと思っているだけ。

これも主観ですから、アテになどなりませんがね(笑)
明確な数字は出ていませんが、相場・マーケットに携わって25年程度の経験則からのお話ですので。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
老後資金って言葉に踊らされちゃいませんか?
デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
日経平均株価が大興奮状態になるときには、こんな共通点があった!
舛添都知事、経費削減が問題じゃないんですよ。
まわしモンっぽいケド、まわしモンじゃないよ!
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
代理戦争で魔物退治ができるのか?
経済崩壊でも中国人の爆買いはまだまだ続く!?
史上最高値のNYダウは、利上げを誘発するのか?
もうはまだなり、まだはもうなり
先々を見ようとするから難しい
世界同時株安で年金積立金管理運用独立行政法人の運用成績はどうなる?
ワイドショー的な話に陥っている森友学園問題に蜂の一刺しはあるか?

Menu

HOME

TOP