24時間テレビのマラソンランナーって、事前にわかっていたの?ホント?

毎年24時間テレビの時期になると、ギャラの話が浮上してきますが、今年はギャラの話よりマラソンランナーの話が盛り上がったようです。
チャリティー番組でも、ギャラが発生するのは当然だと個人的には思っています。より多くの寄付を募るのが出演者の仕事であって、無償でやるのはちょっと違うんじゃないかと。
貰ったギャラを寄付したい方は寄付をすればいいし、寄付というモノを好まない方はしなければいいだけの話であり、気持ちの問題でしょうから。
もし、自分がチャリティー企画に携わってギャラが発生すれば、必要経費を差し引いて、赤十字日本財団に寄付するでしょうけど。
必要経費だけは差し引きたい気持ちがハッキリとあるので、一人前の人間になれないでいるのかもしれませんけど……

で、マラソンランナーの話ですが、だいぶ放送前に盛り上がっていたようで、個人的にも興味がありました。番組に興味があるわけではないので、殆ど見ない番組ですが、今年は最初の30分までちょちょいチャンネルを合わせていました。
が、引っ張りすぎ(笑)
最初の30分までで発表されなかったので、どうでも良くなり放置。「どうせ決まればtwitterで流れてくるだろう」と便利な世の中になったことに感謝。

が、だいぶ経って「もう走っているか?」とチャンネルを合わせると、CM明けに発表するとアナウンサーが告知。そこからちょいと見てしまいました。
そして、発表されたらどうでもよくなりTVを消してコツコツとお仕事。

で、非常に気になったのが、【炎上】24時間ランナーブルゾンちえみを「警察官」がネタバレ!?ツイートが炎上という記事。

要約すると、今は削除されているアカウント主の父親が警察官で、道路の使用許可からランナーが判明し、事前に知っていたということ。

twitterという匿名の世界での話ですから、何個ものアカウントを作成し、1つのアカウントで1人のランナーの名前をあげていたのかもしれません。信憑性が高まるように「警察官の父」という架空の人物を作り上げて。私は確認しようとも思いませんで、分かりませんが、最初っからでたらめだということもあるのでしょう。

一方で本当に聞いていた場合。これって守秘義務違反になってしまうのではないでしょうか?こんなランナーの名前というどうでも良いことではありますが、公務員が職務上知り得た情報を、漏らしてしまっては……と思うのは、考え方が古いのでしょうかね?

もちろん、主催者はこういうことからの情報漏えいの可能性も予測していたでしょうけれども……

って、警察に書類を提出するときに、芸名の記載で良いのかな?正式な書類なのでしょうから、本名の記載になるのでしょうし、ブルゾンちえみの本名を知っている警察官ってどのくらいいるのだろう?
相当ブルゾンちえみに興味がなければ本名なんて調べないでしょうし、警察官の方がブルゾンちえみの本名を知っているなんて可能性が低いと思うんだけどね。

まぁ、どうでも良い話でしたm(_ _)m

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

差別は永遠?言い回しひとつ?
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
常識をあざ笑う非常識!
死に場所難民なんて怖くない!
「死後離婚」という言葉を受けての誓い
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
根本的なルールの見直しがないと、ふるさと納税は消滅しちゃうんじゃないの?
通信費は真剣に考える事案となりつつある
もうはまだなり、まだはもうなり
お騒がせトランプ米大統領発言、読み手の読解力にも問題が……
見た目で判断しちゃうのが人間だって
キャバ嬢にモテるには、NYダウを語るといい?!
例えば、病気で病院に行ったときに病気を治すのは誰?
保育所が足りない、待機児童問題はこうやって解決してみては?

Menu

HOME

TOP