110円を切っても、ドル安円高は止まらない?

ドル円相場が110円を割ってきました。
マーケットニュースでは大きく取り上げらていますから、ご存じの方も多いと思います。

 

2016/01/07のエントリーで「知ったらしまいで、ドル円は円高に進む?」というモノを書きました。
このときは週足からの検証。
週足の検証でも120円どころから111円割れを想定できたわけですが、今度はもっと時間軸を抽象的にして、月足から検証しておきたいと思います。

ドル円月足

この相場は、2011/10/31の75.54円から2015/06/05の125.85円までのドル高円安が進み、そこからの調整という見方になるのでしょう。

まずは、6ヶ月移動平均線と13ヶ月移動平均線がデッドクロスしている状態で、6ヶ月移動平均線の下に潜り込んでいる状態だということ。

強い相場の移動平均線の並びを考えれば、弱い相場の流れに入っていることが考えられます。
52ヶ月移動平均線が102.40円となっていますから、目指してしまっても不思議はないのかも知れません。

移動平均線だけで弱い相場(トレンド)だということは理解でき、ドル安円高のポジションのほうが有利なのでは?ということがご理解頂けると思われます。

 

ドル円月足 一目均衡表

次に一目均衡表から検証をしてみると、実線は基準線とデッドクロス状態。
ここまで基準線とのゴールデンクロス状態でドル高円安のトレンドでしたから、デッドクロス状態となっていれば、一目均衡表から考えても、右肩下がりのトレンドになっているように見受けられるわけです。

たったこれだけの検証で、ドル安円高の流れだというのは、非常に危険ではありますが、これだけを見ても、トレンド的には右肩下がりだと把握できればいいだけ。

トレンドの転換になることができるか?と思われる最短の指標は、基準線超えの形になるのでしょうから、113.32円を超えてくることが、ここまでの検証からは最低限必要なのでしょう。

では、何処まで突っ込んでくる可能性があるのか?と言うことを検証しておくと、106.63円・100.70円・94.76円という数字が、75.54円を起点とした上昇に対するおしという観点から考えられます。

ドルと円の金利差からドル高円安が謳われております。日本はマイナス金利という非常に稀な金融政策もとっているにもかかわらず、ドル安円高に進んでいるのが実態。

現状ではドル安円高に資金が流れているということが、言えるのではないでしょうか?

 

あくまでも個人的な見解であり、最終的な売買の判断はあなた自身の判断でお願い致します。
まずは、106.63円と取るかどうかですが、取ったときのチャートの形でその次の判断をするのが良いのではないかと、桜が満開の時期に思う次第です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

詐欺師を認めやしないが、手口は認めざるを得ない
ビットコインが暴落と言うけれど、年初はいくらだったのか知っていますか?
同じことをやっても、結果は違ってくる件
英国のEU離脱は、世界恐慌へのトリガーとなる!?
日経平均株価を分析してみた
神社やお寺のハシゴはよくない???神様や仏様はそんなに小さくないでしょ?
現時点でアウト・セーフは将来的にアウト?セーフ?
差別は永遠?言い回しひとつ?
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件
東京の長雨、乱暴に確率で考えると、アレと同じ確率だった!
胃がん予備軍になったらやっておきたいこと
そもそも保険はギャンブルです
タバコは店側の判断にすればいいじゃない?経営方針にまで口出し???
景気を良くする方法を考えてみた!
「過払い金」の次は、「労務問題」で食いつなぐ!?思いやりのない、淋しい世の中です

Menu

HOME

TOP