高齢者よりも若年層の交通死亡事故の方が多い!?

高齢者による自動車事故が目立っています
不幸な事故は誰も幸せになれませんから、減らすべきであり、できることならば根絶したいものです

が、個人的に、あくまでも個人的に非常に不思議に思うことがあります
報道の仕方というか、事故の見せ方というか……
たしかに高齢者による自動車事故は悲惨なモノだと思いますが、「高齢者以外はどうなのだろう?」と考えたことはありませんか?

気になったことは報道を鵜呑みにしない、若干曲がった性格をしているため、若年層とか高齢者以外の事故について調べてみました

事故をすべて扱っているのは警察庁ですので、警察庁のHPに出ている情報を信じるしかありませんが、警視庁のHPを検索してみます

警視庁HP⇒刊行物⇒統計⇒ 安全・快適な交通の確保に関する統計等統計表 ⇒【交通事故死亡の特徴について】
これで調べられるので、ご覧頂けれど思います

2018年の高齢者により死亡事故件数
これを見れば、免許返納等を勧めたくなるのは致し方がない……
が、高齢者以外の年代別の死亡事故件数が出ていない!!
これだと非常に不公平だと思いませんか?
高齢者の括りを75歳以上とか80歳以上としていますが、先日、免許証の更新に行って聞いてきたのですが、高齢者とは65歳以上だと
これだけも「見せ方」に工夫がなされていると思わざるを得ない

2017年には出ていました
年代別の死亡事故件数
不思議ですね、2017年には出していたモノを2018年には出していない……

まぁ、統計は都合よく操作ができますから、高齢者による死亡事故をクローズアップしたければ、都合の悪い数字は出さないんでしょう(と思われても仕方がない……)

これではっきりと分かるのは、85歳以上の死亡事故件数は多いものの、付いて多いのは20歳未満の死亡事故であるということ
こう言う数字が出ているのならば、高齢者だけではなく、若年層とかも報道すべきじゃないですかね?

大人の事情があるんだと思いますけどね
ただでさえ、若者の自動車所有率が下がっていると叫ばれている昨今、若年層の死亡事故をクローズアップしてしまえば、更に保有率が下がり……
この先は、各自でご判断下さい

高齢者の免許書返納はして頂いたほうが良いと思います
これは間違いありません
しかし、高齢者の死亡事故だけをクローズアップするやり方って、一種の洗脳なのではないでしょうか?
私のように曲がった性格の人間ばかりで、気になった部分は時間を割いて調べる方ばかりならば問題ないでしょうが、大抵の方はそんな暇はなく報道を鵜呑みにするしか無いわけです

飛行機事故はクローズアップされますが、自動車事故はクローズアップされない
年間死亡者数はどっちが多いんでしょうかね?
高齢者の死亡事故だけを報道するのは、これと似たようなところがあるのかも知れませんね

事故は減った方が良いですし、できるものならば根絶してもらいたい
この記事で言いたいのは、垂れ流しにされている情報を鵜呑みにしない方が、真実を見極められるのでは?ということです

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
ドル高円安になるためには●●●●待ち
今後、流行語大賞候補に上がるだろう「マイナンバー倒産」!?
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件
「~しなければならない」と考えるよりも……
不透明な市場環境だと感じたときには
年金運用が大失敗だって、ホント?
国の借金は1053兆円4676億円で一人あたり830万円を、別の角度から見ると一人あたり122万円!?
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
根本的なルールの見直しがないと、ふるさと納税は消滅しちゃうんじゃないの?
25年という経験則からのお話し
トランプ次期大統領が就任したら、すぐに弾劾裁判ってのもあり?
支援はできることを考えてから行いましょ!

Menu

HOME

TOP