騒げば騒ぐほど、日経平均株価は底なんじゃないの?

為替だとか株価は、景気の先行指数的な意味合いがあると言われていますが、為替や株価が景気を気にしながら動いていると思いますか?
もし、景気動向を気にして動いているのならば、景気の悪くなるような動きにはならないでしょ?
みんな景気が良いほうが良いに決まっているのだから……

為替や株式に参加している投資家や投機家のほとんどは、「景気動向などよりも自分の利益が優先」なのでは?
綺麗事だけでは話にならないし、机上の空論とまでは言いませんが、一握りの頭の中での絵図通りに上手く行くわけがないと思うんですよね。

もし、一握りの頭の中で思い描いた絵図通りに動くのならば、FRBやら日銀やらの金融政策だけで、景気だってよくなるわけ。
ようは、流れには逆らえないってこと。
どんなに偉い人が何を言っても、自然の流れには逆らえないってこと。

 

日経平均週足

まずは日経平均週足。

2015/10/02の安値16901.49円から2015/12/04の高値20012.40円までの上昇に対する下げ幅を考えると、目標となってくる数値が……

 

①15713.12円
②15346.04円
③14978.95円
④13790.58円

2016/02/12の安値が14865.77円であり、14978.95円の近似値。
RSIを見れば30割れのようですから売られ過ぎの水準。
止まり目として機能しても不思議ではない状態。

 

日経平均日足

次に日経平均日足。

2016/01/21の安値16017.26円から2016/02/01の高値17905.37円までの上昇に対する下げ幅を考えると、目標となってくる数値が……

 

①15296円
②15073.21円
③14850.41円
④14129.15円

14850.41円という数値は2016/02/12の14865.77円と近似値。
週足同様、RSIが30割れであり、止まり目として機能しても不思議ではない状態。

 

皮肉なもので、パニックになると天底をつけるのが相場。
そして、年金基金の運用などが問題視されてくると底になるから面白い(笑)。

底となるかどうかなど誰にも分かりませんが、底となってもおかしくない形であり、十分反発するだけの値段を出してきたという事になるのでしょう。
上昇の形ができているわけではなく、喜んで買える形ではありませんが、止まっても何の不思議もない状況だと言えるかと。
そして、個人的な見解であり最終的な売買の判断はご自身でお願い致します。

値動きに踊らされませんように。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

二者択一だけでもいいんだけど、それって不幸じゃないですかね?
給付型奨学金が目指しているのは何処?
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
都民ファーストの会が圧勝?何かが変わった?
住宅ローンの金利が引き上げは、必然!?
相続対策で空室物件が増える!?
「時差Biz」通勤ラッシュの救世主になるか?
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
宅配業者は値上げだけで、問題の改善ができるのか?
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
老後のための資産運用って必要あるの?
投資を始めるときの第一歩
普通に考えれば、広がらないサービスなんじゃないの?
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?

Menu

HOME

TOP