離婚の原因は……結婚をしたから!

「何故、離婚となってしまったのですか?」
「結婚をしたからです」

離婚となると、あまり良いイメージを持たれないでしょうが、離婚に至る経緯は当人たちしか分かりようがないモノ。
離婚の究極の原因は、「結婚をしたから」
そもそも結婚などしなければ離婚はできないのですから、大正解だと思うのですが、立派な大人の方々は怒るから世の中ってのは分からない。立派な大人にはなりたくないね。

で、どのくらいのカップルが離婚となるのか?
最近は多くなっているとか、シングルマザーが目立つっているとか言われていますし、ご相談を頂く際も、離婚後のライフプランというのも多くなっています。

正確な数字を把握してみたくなったので、厚生労働省の平成28年(2016)人口動態統計の年間推計で調べてみた。
さすがは厚生労働省。欲しい資料が揃っていました。

グラフにもあるように、平成28年の推定値では、婚姻が621,000組で離婚が217,000組。この数字だけで年間3組に1組が離婚していると言われていますが、乱暴ですよねぇ(笑)
離婚の究極の原因が結婚であっても、婚姻の数の1/3が離婚の数になっているから、3組に1組が離婚しているって……

婚姻という制度が今よりも軽くなってしまえば、婚姻がゼロであっても離婚が20万組ということにもなるわけで、ちょっと乱暴過ぎる話。
しかし、推定でも217,000組が離婚をしているのは事実でしょう。

結婚があれば離婚はあるわけで、今後も離婚の数はあるのは仕方がないこと。でもね、ガマンをして残りの人生を過ごすのならば、離婚という選択肢があっても悪くはないと思うわけ。
もちろん、犬や猫じゃないんだから、我慢を全くせずに離婚・離婚と騒ぐべきではないのでしょうが、我慢のし過ぎで病んでしまってはお話しにならない。離婚という選択肢を常に懐にしまっておけば、ラクに生活ができるのかもしれません。

FPですからお金の側面から考えてみれば、離婚はオススメのできるモノではない例が多いのが事実。これまで以上の苦労をしなくてならないと言うことは、肝に銘じておく必要があるのでしょう。
精神面で楽になる分、金銭的には苦労する場合が多々あるということ。
離婚をされる方々は、金銭的に苦労をしても精神的に楽になりたいという方が多いのでしょうが、一時逃れ的な感覚で離婚には踏み切らないほうが良いですよ。

いろいろと行政だって支援をしてくれるところが多いですから、そういったモノを活用しながらライフプランを考えてみて下さい。
そして、離婚をしてからではなく、離婚をする前に離婚後のシミュレーションを一度しておくことをオススメ。
後戻りできない状況にまでなってから現実を知るのではなく、後戻りできる保険を残しておいて現実的な数字を知って、それからでも離婚は遅くはないでしょうから。

くれぐれも離婚を推奨しているわけではありませんのでm(_ _)m

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「死後離婚」という言葉を受けての誓い
貯蓄などなくても、犯罪でも何でもないんですよ!
SoftBankさん、最悪な契約でしたよ……
選挙でコケたら、アベノミクスはどうなる?
個人型確定拠出年金(iDeco)はどんな人向け?
消費と浪費とデビットカードと
差別は永遠?言い回しひとつ?
日銀の保有国債が増えると、日本国はヤバいの?
東京五輪のゴルフ開催が若洲ゴルフリンクスで出来ないのは【ガス】のせい?
「簡単に貯蓄が出来る方法!」……なんて、ありゃしません!
もやし業者が悲鳴をあげているようです。が、何故、価格をあげないのか?
豊洲市場が安全かどうかが第一でしょ?犯人探しはその次に……
「時差Biz」通勤ラッシュの救世主になるか?
人の命も金次第
「風が吹けば桶屋が儲かる」ならば「原油価格が下落」すると???

Menu

HOME

TOP