離婚の原因は……結婚をしたから!

「何故、離婚となってしまったのですか?」
「結婚をしたからです」

離婚となると、あまり良いイメージを持たれないでしょうが、離婚に至る経緯は当人たちしか分かりようがないモノ。
離婚の究極の原因は、「結婚をしたから」
そもそも結婚などしなければ離婚はできないのですから、大正解だと思うのですが、立派な大人の方々は怒るから世の中ってのは分からない。立派な大人にはなりたくないね。

で、どのくらいのカップルが離婚となるのか?
最近は多くなっているとか、シングルマザーが目立つっているとか言われていますし、ご相談を頂く際も、離婚後のライフプランというのも多くなっています。

正確な数字を把握してみたくなったので、厚生労働省の平成28年(2016)人口動態統計の年間推計で調べてみた。
さすがは厚生労働省。欲しい資料が揃っていました。

グラフにもあるように、平成28年の推定値では、婚姻が621,000組で離婚が217,000組。この数字だけで年間3組に1組が離婚していると言われていますが、乱暴ですよねぇ(笑)
離婚の究極の原因が結婚であっても、婚姻の数の1/3が離婚の数になっているから、3組に1組が離婚しているって……

婚姻という制度が今よりも軽くなってしまえば、婚姻がゼロであっても離婚が20万組ということにもなるわけで、ちょっと乱暴過ぎる話。
しかし、推定でも217,000組が離婚をしているのは事実でしょう。

結婚があれば離婚はあるわけで、今後も離婚の数はあるのは仕方がないこと。でもね、ガマンをして残りの人生を過ごすのならば、離婚という選択肢があっても悪くはないと思うわけ。
もちろん、犬や猫じゃないんだから、我慢を全くせずに離婚・離婚と騒ぐべきではないのでしょうが、我慢のし過ぎで病んでしまってはお話しにならない。離婚という選択肢を常に懐にしまっておけば、ラクに生活ができるのかもしれません。

FPですからお金の側面から考えてみれば、離婚はオススメのできるモノではない例が多いのが事実。これまで以上の苦労をしなくてならないと言うことは、肝に銘じておく必要があるのでしょう。
精神面で楽になる分、金銭的には苦労する場合が多々あるということ。
離婚をされる方々は、金銭的に苦労をしても精神的に楽になりたいという方が多いのでしょうが、一時逃れ的な感覚で離婚には踏み切らないほうが良いですよ。

いろいろと行政だって支援をしてくれるところが多いですから、そういったモノを活用しながらライフプランを考えてみて下さい。
そして、離婚をしてからではなく、離婚をする前に離婚後のシミュレーションを一度しておくことをオススメ。
後戻りできない状況にまでなってから現実を知るのではなく、後戻りできる保険を残しておいて現実的な数字を知って、それからでも離婚は遅くはないでしょうから。

くれぐれも離婚を推奨しているわけではありませんのでm(_ _)m

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

自公民圧勝で買われるドルと日経平均株価。怖い時代へ本格突入か?
住宅ローンでは、買ったあとのことを考えることが重要
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
日銀の保有国債が増えると、日本国はヤバいの?
生涯未婚率から考える、老後の生活
消費と浪費とデビットカードと
喉元過ぎれば……というのが、人のようですから
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
使える保険と使えない保険 あなたは保険内容を正しく知っていますか?
例えば、病気で病院に行ったときに病気を治すのは誰?
デタラメ続きの東京五輪、今度は開会式を祝日に?開会式を祝日に合わせれば?
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
【家計を助けるために賢く頑張っている主婦】をアピールしているあんたが家計を苦しめているんだよ(;一_一)
保育所が足りない、待機児童問題はこうやって解決してみては?

Menu

HOME

TOP