金融政策におけるタカ派とハト派

タカ派だとかハト派だとか、金融界で過ごしていると、最近頻繁に耳にする単語

いつから金融界でタカ派だとかハト派だとかの単語が頻繁に使用され出したのかは知りませんが、その昔は、政治の世界で使われていた単語でしょう

強硬的な政治信条をもつタカ派に対して、平和的に問題を解決しようとする穏健派だとか慎重派の人などの集団をハト派と表現していた記憶が

平和の象徴と言われている鳩ですから、穏健的なイメージになり、逆に鷹のイメージはなんとなく強硬的でしょうから、言い得て妙という印象

が、これが金融政策で使われているのだからびっくり

金融界におけるタカ派…… 物価の安定を重視し、 金融引き締めに前向きな利上げ賛成派
金融界におけるハト派……景気への配慮を重視し、金融緩和に前向きなスタンスであり利下げ賛成派

金融政策におけるタカ派とハト派
なんとなく分かっても、よくわからないイメージ
ようは、利上げ賛成派がタカ派で利下げ賛成派がハト派として覚えておくしかないのでしょう

そして、その時の景気動向によって、人物そのものが常にタカ派であり続けるとかハト派であり続けるとかということはないと思われ、個人的には利上げ賛成派と利下げ賛成派として表現したほうが、みんなにわかりやすいと思うんですけどね

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
ローリスク・ハイリターンを目指そう!なんてあるのか???
世界経済の不透明感、世界株安の原因は?
プレミアムフライデーは普及できるか?
給付型の奨学金は素晴らしいけど、作るだけじゃダメだと思う件
あなたの人生、他人任せでいいですか?自分でコントロールをしたくないですか?
選挙でコケたら、アベノミクスはどうなる?
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
国民皆年金と年金保険は、どちらがお得?
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?
「風が吹けば桶屋が儲かる」ならば「原油価格が下落」すると???
金銭教育なんてムリ!無理!!だと思うわけ
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
日経平均株価は何処まで上昇する?

Menu

HOME

TOP