配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?

 

配偶者控除の壁、103万円から150万円に引き上がって、社会保険料の発生で106万円と130万円で手取り金額が変わってくる壁。
手取りが減らないような働き方を推奨するような部分があったりなかったり……

他人事ですし、どうすれば良いのか?なんて、正直誰にも分からないこと。人それぞれの価値観があって、どうしたいのか?丁寧に時間を掛けて話し合わなければ、さっぱり分かりません。
私の意見を押し付けるのは簡単ですが、自分ではまっとうな普通を代表する人間だと思っていますが、だからって他人の主観を聞かされても面白くもなんともないでしょ?と、思うんですけどね。

自分で社会保険に入るっていうのは、将来受給するであろう年金額も変化してくるわけで、壁を超えてくると「稼いだお金が多く獲られる!」と言うばかりでもないわけです。

将来もらうお金を増やすか?将来貰うお金はそのままで、現在差し引かれるお金を引かれないようにするか?
これだけの差なのかもしれません。

もちろん、将来貰うお金に関しては絶対ではありませんので、リスクを伴います。

個人的には稼げるだけ稼いで、納めるべきモノをきっちりと納めると言うのがベターではないかと思う次第。
うちの嫁などはこれまでまったく引っかかっていなかったのですが、人手不足なども手伝ってあっさり超えてしまい、私の扶養から抜けたのですが、どうしても稼いだバイト代からお金を引かれることに納得がいかない模様。
日本国民として日本で生活している以上、税金は納めないとならないわけで、それを「納めたくない!」とブーたれる始末(笑)

バイトだと時給いくらと言うことでしょうから、数時間がタダ働きをしているという感覚に陥ってしまうのかもしれません。
きっちりと税金を納めて、自分の納めた税金が日本のために役に立っているのか?そのために政治がきちんと行われているのか?ということを今まで以上に厳しい目で見たほうが、長い目で見たときに良いのではないでしょうか?

こんなことを言えば「キーキー!」騒ぎ立てるか、「面倒くさい」と言うだけなんでしょうけどね(笑)

まぁ、税金をきちんと自分で納めたいのならば、バイト先を2箇所にすれば、確定申告をすることになるので、だいぶ現在の収入は変わってくると思いますよ。
まぁ、確定申告と言うだけでやっぱり「面倒くさい」となるんでしょうけど(笑)

壁を乗り越えてみないと、壁の向こう側の景色は見えないんですけれどもね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

日本国債が暴落し、日本が破綻する日
まわしモンっぽいケド、まわしモンじゃないよ!
待機児童解消に役立たないですかね?
金融市場をなくすと景気は良くなる?
「家事は女性がやるもの」だと思ってしまうのは◯◯だから……すべて偏見視点
お坊さんが喰えない時代になっても……忘れたくないモノ
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」
国民が求めているのは「将来の安定」だけ?
デート費用は男性が持つ?それとも割り勘?
もうはまだなり、まだはもうなり
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
例えば、保険を購入しない!
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
デタラメ続きの東京五輪、今度は開会式を祝日に?開会式を祝日に合わせれば?

Menu

HOME

TOP