酉年のオープニング相場は?

 

相場の格言に「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。戌(いぬ)笑う、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずく、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」と言うモノがあり、2017年は1月4日が大発会の酉年。
大発会の週が終了しようとしておりますが、どんな調子なのでしょう?

日経平均株価週足チャートですが、このチャートからですと18000円を割ってこないと弱い相場とは言えないような形になっています。
19000円割れでもしっかりと割れば悪い形となりますが、弱い相場だとは言えない。

強い相場=買い相場
弱い相場=売り相場

弱い相場だとは言えないのですから、週足からの現状の形からは18000円割れの形をしっかりと出してきてからが売り相場であり、それまではここまでの上昇に対する押しの範疇だと思われます。

あくまでも週足の形であるため、時間軸を具体的にした日足の形からの見解となると、もっと早い段階で売り相場ということも可能だと思われます。

さて、週足からの注目ポイントとなると次のことがあげられると考えております。

1:6週移動平均線
2:13週移動平均線
3:遅行線と先行下限のデッドクロス
4:相対力指数
5:2015年11月の高値

これらのことを眺めながら対応していきたいと思います。

一日に1回はチャートを眺めておきたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
通貨の垂れ流しで失われたモノ
NYダウは1回天井?
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?
ドル高円安になるためには●●●●待ち
英国はユーロ離脱?事前調査VSブックメーカー
相場・マーケットで利益を頂戴するには、異性を口説く感覚が必要である!?
ビットコイン 何故か今頃 ビッときた!!
運用リスクの軽減に「72」を活用!
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?

Menu

HOME

TOP