酉年のオープニング相場は?

 

相場の格言に「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。戌(いぬ)笑う、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずく、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」と言うモノがあり、2017年は1月4日が大発会の酉年。
大発会の週が終了しようとしておりますが、どんな調子なのでしょう?

日経平均株価週足チャートですが、このチャートからですと18000円を割ってこないと弱い相場とは言えないような形になっています。
19000円割れでもしっかりと割れば悪い形となりますが、弱い相場だとは言えない。

強い相場=買い相場
弱い相場=売り相場

弱い相場だとは言えないのですから、週足からの現状の形からは18000円割れの形をしっかりと出してきてからが売り相場であり、それまではここまでの上昇に対する押しの範疇だと思われます。

あくまでも週足の形であるため、時間軸を具体的にした日足の形からの見解となると、もっと早い段階で売り相場ということも可能だと思われます。

さて、週足からの注目ポイントとなると次のことがあげられると考えております。

1:6週移動平均線
2:13週移動平均線
3:遅行線と先行下限のデッドクロス
4:相対力指数
5:2015年11月の高値

これらのことを眺めながら対応していきたいと思います。

一日に1回はチャートを眺めておきたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ドル高円安の流れはいつまで続く?
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
仮想通貨の流れは止められない?
SMAP解散から知る、マーケット材料とは?
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
マイナス金利の活用方法!
貯金ができないときに必要なモノとは?
そもそもマイナス金利よりも前の段階が問題じゃない?
あなたの人生、他人任せでいいですか?自分でコントロールをしたくないですか?
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。
守る100万円と攻める100万円
投資を始めるときの第一歩
円キャリートレードの復活!?
富裕層にはお金を使ってもらうしかないです

Menu

HOME

TOP