酉年のオープニング相場は?

 

相場の格言に「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。戌(いぬ)笑う、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずく、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」と言うモノがあり、2017年は1月4日が大発会の酉年。
大発会の週が終了しようとしておりますが、どんな調子なのでしょう?

日経平均株価週足チャートですが、このチャートからですと18000円を割ってこないと弱い相場とは言えないような形になっています。
19000円割れでもしっかりと割れば悪い形となりますが、弱い相場だとは言えない。

強い相場=買い相場
弱い相場=売り相場

弱い相場だとは言えないのですから、週足からの現状の形からは18000円割れの形をしっかりと出してきてからが売り相場であり、それまではここまでの上昇に対する押しの範疇だと思われます。

あくまでも週足の形であるため、時間軸を具体的にした日足の形からの見解となると、もっと早い段階で売り相場ということも可能だと思われます。

さて、週足からの注目ポイントとなると次のことがあげられると考えております。

1:6週移動平均線
2:13週移動平均線
3:遅行線と先行下限のデッドクロス
4:相対力指数
5:2015年11月の高値

これらのことを眺めながら対応していきたいと思います。

一日に1回はチャートを眺めておきたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
日銀の保有国債が増えると、日本国はヤバいの?
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
究極の時短術!?
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
同じことをやっても、結果は違ってくる件
マイナス金利ってヤバイんだろ?
ドル高円安の流れはいつまで続く?
もうはまだなり、まだはもうなり
アベノミクスなどどうでもいい!?

Menu

HOME

TOP