酉年のオープニング相場は?

 

相場の格言に「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。戌(いぬ)笑う、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずく、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」と言うモノがあり、2017年は1月4日が大発会の酉年。
大発会の週が終了しようとしておりますが、どんな調子なのでしょう?

日経平均株価週足チャートですが、このチャートからですと18000円を割ってこないと弱い相場とは言えないような形になっています。
19000円割れでもしっかりと割れば悪い形となりますが、弱い相場だとは言えない。

強い相場=買い相場
弱い相場=売り相場

弱い相場だとは言えないのですから、週足からの現状の形からは18000円割れの形をしっかりと出してきてからが売り相場であり、それまではここまでの上昇に対する押しの範疇だと思われます。

あくまでも週足の形であるため、時間軸を具体的にした日足の形からの見解となると、もっと早い段階で売り相場ということも可能だと思われます。

さて、週足からの注目ポイントとなると次のことがあげられると考えております。

1:6週移動平均線
2:13週移動平均線
3:遅行線と先行下限のデッドクロス
4:相対力指数
5:2015年11月の高値

これらのことを眺めながら対応していきたいと思います。

一日に1回はチャートを眺めておきたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
分散投資はリスクヘッジになっていないのでは?
日経平均は11/15がポイント!?
日経平均株価を分析してみた
憲法改正は国会で決まるの?
先々を見ようとするから難しい
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
タクシー初乗り410円になると、利用しますか?
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
運用リスクの軽減に「72」を活用!
小市民として、ATM手数料を払わないわずかながらの抵抗!
日経平均株価が下がって年金がどうなるんだ!?と騒いでいた方々へ
常識が非常識になるのがマーケット
利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?

Menu

HOME

TOP