酉年のオープニング相場は?

 

相場の格言に「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ。戌(いぬ)笑う、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずく、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」と言うモノがあり、2017年は1月4日が大発会の酉年。
大発会の週が終了しようとしておりますが、どんな調子なのでしょう?

日経平均株価週足チャートですが、このチャートからですと18000円を割ってこないと弱い相場とは言えないような形になっています。
19000円割れでもしっかりと割れば悪い形となりますが、弱い相場だとは言えない。

強い相場=買い相場
弱い相場=売り相場

弱い相場だとは言えないのですから、週足からの現状の形からは18000円割れの形をしっかりと出してきてからが売り相場であり、それまではここまでの上昇に対する押しの範疇だと思われます。

あくまでも週足の形であるため、時間軸を具体的にした日足の形からの見解となると、もっと早い段階で売り相場ということも可能だと思われます。

さて、週足からの注目ポイントとなると次のことがあげられると考えております。

1:6週移動平均線
2:13週移動平均線
3:遅行線と先行下限のデッドクロス
4:相対力指数
5:2015年11月の高値

これらのことを眺めながら対応していきたいと思います。

一日に1回はチャートを眺めておきたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
中国上海株式暴落!底なし沼?(笑)
女房を質に入れても売り叩く相場が……
ソフトバンクのiPhone5sがようやく格安スマホで使える!(訂正)
貯蓄増!? スマホ見直し 苦労増……
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
日経平均株価を分析してみた
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
サブリース詐欺!?甘い言葉の裏側には……
お得感を求めて損をする
いつまでも、これからも、世の中は搾取する側とされる側で成り立っている
投資は人に勧めないで、儲かるなら自分でやれば?という質問に対しての返答

Menu

HOME

TOP