購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……

円高だとか円安だとかの話になると、どこからともなくいつの間にか出てくる言葉が「購買力平価」。
あなたは「購買力平価」という言葉をご存知でしょうか?

例えば、米国で売られているハンバーガーが2ドルだとします。同じハンバーガーが日本では220円で販売されていたとします。
すると「ハンバーガー」という商品を介して、【2ドル=ハンバーガー=220円】となり「2ドル=220円」ということになります。
と、いうことは、1ドル=110円となり、為替は1ドル=110円が適正であり、現在は円安であるとか、円高であるとかを語られるわけです。

 

ハンバーガー

間違いではないのでしょうが、これはその国の物価だと関税だとか、人件費だとかのサービス料などを一切無視しての話になるわけで、乱暴すぎるといえば乱暴過ぎる話になると思われます。

だって考えてみて下さい。
あなたの友人が誰かにキムタクに似ていると言われたとします。また、他の誰かにその友人がトシちゃんに似ていると言われたとします。
すると【キムタク=あなたの友人=トシちゃん】という図式になり、【キムタク=トシちゃん】という計算式が成り立ちます(笑)
若干強引過ぎる話かもしれないですけど、似ても似つかない感じでも、似ていると言われたのだから仕方がない。

購買力平価っていうのは、こんな感じなんです。二国間のある同一のモノを介して為替を判断するのですから、適正ではあっても適正ではないという状態になり、あやふや過ぎる状態になってしまいます。
それでも余程のことがないと、同じモノがとんでもない価格で売買されていることはなく、まぁ、なんとなく適正なのかもしれないとは言えるのかもしれません。

為替を決定するのはマーケットであり、マーケットは生き物です。何かの基準を持ってマーケットに接していたい学者的な発想が分からないでもないですが、自由気ままに生きているマーケットに対して、定規を強引に当てはめてもすぐにイレギュラーとなってしまうということなのだと思いますよ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

あなたの身を守るのは、ちょっとした……
東京23区で唯一人口が減少している区があった!
今後、流行語大賞候補に上がるだろう「マイナンバー倒産」!?
普通に考えれば、広がらないサービスなんじゃないの?
東京五輪を開催しなければ、私立高の無償化は簡単だよ
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
リスク回避の一つの方法は?
返礼品目的に納税地を移動するのが、ふるさと納税でしょ?
データが溜まってフンヅマリ状態です
差別は永遠?言い回しひとつ?
NYダウと日経平均、3月は暴れる要因がたっぷり?
確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
豊洲市場へ都庁を移してみる?
米インフラへの投資は売国奴か?そもそも公的年金を使う資格が政府にあるのか?

Menu

HOME

TOP