購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……

円高だとか円安だとかの話になると、どこからともなくいつの間にか出てくる言葉が「購買力平価」。
あなたは「購買力平価」という言葉をご存知でしょうか?

例えば、米国で売られているハンバーガーが2ドルだとします。同じハンバーガーが日本では220円で販売されていたとします。
すると「ハンバーガー」という商品を介して、【2ドル=ハンバーガー=220円】となり「2ドル=220円」ということになります。
と、いうことは、1ドル=110円となり、為替は1ドル=110円が適正であり、現在は円安であるとか、円高であるとかを語られるわけです。

 

ハンバーガー

間違いではないのでしょうが、これはその国の物価だと関税だとか、人件費だとかのサービス料などを一切無視しての話になるわけで、乱暴すぎるといえば乱暴過ぎる話になると思われます。

だって考えてみて下さい。
あなたの友人が誰かにキムタクに似ていると言われたとします。また、他の誰かにその友人がトシちゃんに似ていると言われたとします。
すると【キムタク=あなたの友人=トシちゃん】という図式になり、【キムタク=トシちゃん】という計算式が成り立ちます(笑)
若干強引過ぎる話かもしれないですけど、似ても似つかない感じでも、似ていると言われたのだから仕方がない。

購買力平価っていうのは、こんな感じなんです。二国間のある同一のモノを介して為替を判断するのですから、適正ではあっても適正ではないという状態になり、あやふや過ぎる状態になってしまいます。
それでも余程のことがないと、同じモノがとんでもない価格で売買されていることはなく、まぁ、なんとなく適正なのかもしれないとは言えるのかもしれません。

為替を決定するのはマーケットであり、マーケットは生き物です。何かの基準を持ってマーケットに接していたい学者的な発想が分からないでもないですが、自由気ままに生きているマーケットに対して、定規を強引に当てはめてもすぐにイレギュラーとなってしまうということなのだと思いますよ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トランプ氏=ジャイアン?なのか???
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
詐欺師を認めやしないが、手口は認めざるを得ない
そもそもマイナス金利よりも前の段階が問題じゃない?
人が動いて無料ってモノはないんじゃない?
小池都知事vs石原元都知事 非合理的であっても、トコトンやりあうべき理由
不透明な市場環境だと感じたときには
五輪は参加することに意義がなくなっている?
円キャリートレードの復活!?
スタートをするときに、出口を想定する
大学進学の給付金、バラまくだけで終わらせてもらいたくない!
何ゆえのビットコイン?
豊洲市場の地下水汚染、急激に悪化!また、癒着?それとも改ざん?
豊洲市場が安全かどうかが第一でしょ?犯人探しはその次に……
いつまでも、これからも、世の中は搾取する側とされる側で成り立っている

Menu

HOME

TOP