購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……

円高だとか円安だとかの話になると、どこからともなくいつの間にか出てくる言葉が「購買力平価」。
あなたは「購買力平価」という言葉をご存知でしょうか?

例えば、米国で売られているハンバーガーが2ドルだとします。同じハンバーガーが日本では220円で販売されていたとします。
すると「ハンバーガー」という商品を介して、【2ドル=ハンバーガー=220円】となり「2ドル=220円」ということになります。
と、いうことは、1ドル=110円となり、為替は1ドル=110円が適正であり、現在は円安であるとか、円高であるとかを語られるわけです。

 

ハンバーガー

間違いではないのでしょうが、これはその国の物価だと関税だとか、人件費だとかのサービス料などを一切無視しての話になるわけで、乱暴すぎるといえば乱暴過ぎる話になると思われます。

だって考えてみて下さい。
あなたの友人が誰かにキムタクに似ていると言われたとします。また、他の誰かにその友人がトシちゃんに似ていると言われたとします。
すると【キムタク=あなたの友人=トシちゃん】という図式になり、【キムタク=トシちゃん】という計算式が成り立ちます(笑)
若干強引過ぎる話かもしれないですけど、似ても似つかない感じでも、似ていると言われたのだから仕方がない。

購買力平価っていうのは、こんな感じなんです。二国間のある同一のモノを介して為替を判断するのですから、適正ではあっても適正ではないという状態になり、あやふや過ぎる状態になってしまいます。
それでも余程のことがないと、同じモノがとんでもない価格で売買されていることはなく、まぁ、なんとなく適正なのかもしれないとは言えるのかもしれません。

為替を決定するのはマーケットであり、マーケットは生き物です。何かの基準を持ってマーケットに接していたい学者的な発想が分からないでもないですが、自由気ままに生きているマーケットに対して、定規を強引に当てはめてもすぐにイレギュラーとなってしまうということなのだと思いますよ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
カジノの何処がイケナイの?リスクを取らなければ、リターンはないという件
現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
お騒がせトランプ米大統領発言、読み手の読解力にも問題が……
ランサムウェア「WannaCry」の犯人というのは、捕まらないわけですね?
交通渋滞予想はどうやって決めているの?
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
カジノ法案、カジノとパチンコの客層は一緒なの?
東京五輪で東京が終わる……
東京の長雨、乱暴に確率で考えると、アレと同じ確率だった!
今の国会で利益をあげている人、損をしている人
「モノを売るっていうのは難しい」の件
大学進学の給付金、バラまくだけで終わらせてもらいたくない!
知ろうとしないと損をする世の中
ふるさと納税は政府の東京に対する宣戦布告だった!?

Menu

HOME

TOP