貯蓄・ダイエットに成功する「術」はこれだけ!

ダイエットと貯蓄は一緒だと、昔から考えております。
ダイエットは、カロリー摂取量とカロリー消費量の差が、カロリー消費量が多くなればダイエットされるわけで、ダイエットが成功しない方は、カロリー摂取量の方が多いから。

貯蓄ができないのは、収入と支出の問題であり、収入が支出より多くなれば、貯蓄は出来る。貯蓄ができないのは、収入に対して支出が多いからという理由だけ。

そして、ダイエットにも貯蓄にも「○○術」的な「楽々ダイエット術」だとか「簡単貯蓄術」みたいな感じのモノが、雨後の筍のようにポコポコ生まれては消えるから面白い。

ダイエットならばカロリー摂取量とカロリー消費量だけの問題で、貯蓄ならば収入と支出の問題だけ。
ここを忘れて「○○術」に気持ちを委ねるから成功をしないと言うだけの話。

ダイエットの出来る方は貯蓄も出来るでしょうし、貯蓄の出来る方はダイエットが出来る。と、思う。
理論的には一緒だから。

「貯蓄はあるけどダイエットができない」だったり「太ってはいないけど貯蓄はできない」と言うのは、そもそものスタートラインが違う。
支出をする時間がないくらい働いているとなれば、自然とお金は貯まるし、相続などで貯蓄があると言う方もいらっしゃるかと。
太っていないのは体質の問題で、ダイエットをしていないのだから、全く違う。

ダイエットをしようとしてできない人は、貯蓄をしようとしてもできなく、貯蓄を頑張ろうとしてもできない人は、ダイエットを始めても成功しないということ。

理由は簡単なんです。何故成功しないのか?の理由は簡単。
継続できないから。
ただそれだけ。

こんな風に言うと「毎日運動をしている!」とか「500円玉貯金をしている!」とかわけの分からんことを言われるのですが、運動をしていることとダイエットをしていることは別問題。
カロリー摂取量とカロリー消費量を考えて運動をしているのか?と言うこと。
500円玉貯金をするために、避けない買い物をして500円玉を作って喜んでいないか?と言うこと。

ダイエットをしているのではなく運動をしているだけで、貯金をしているのではなく、500円玉を集めているだけ。
やろうとしている自分に酔っているだけ。

旅行へ行こうとして、グーグルマップで現地を眺めて満足しているようなことと何ら変化はないのです。

何にしても人それぞれですから、好きなようにすれば良いのです。
好きにすれば良いのですが、成功しない理由がハッキリとしているのならば、成功するのは簡単なのですがね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
「~しなければならない」と考えるよりも……
貯蓄などなくても、犯罪でも何でもないんですよ!
消費と浪費とデビットカードと
疑惑の加計学園の問題はココにあった!!
喉元過ぎれば……というのが、人のようですから
何故に流行らない?時代は【デビットカード】
結果が変われば、その後のライフプランに影響が……
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
生きづらい世の中になっていると言うことでしょうか?
ストレス溜めずに、銭貯めて!
投資は「面倒」「怖い」「煩わしい」けど、興味だけはあるあなたへ!
年金運用は-5.3兆円(2015年度)だけど、感情的に批判をしないことをオススメ
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?

Menu

HOME

TOP