貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?

先日ある人とお話しをしていると「如何にひと手間を加えられるか?」とおっしゃっていました。「ふむふむ」と言う感じでお話しを聞かせて貰っていたのですが、料理だって「ひと手間」を加えるだけで、味が変わって美味しくなる。
「おっ?違うねぇ~」なんて感じに受け取って貰えると「ひと手間」を加えるだけの苦労が報われるってわけ。

特にこういうブログなどでは、「文章の見直し」という「ひと手間」を惜しむかどうか?面倒だからとやるかやらないかで、だいぶ変わってくるモノです。
誤字・脱字を嫌ったり、前後の文脈が思っていたことをスムーズに伝えられるかということは、あとになって読み返す「ひと手間」がないと見つけられないわけ。自分の文章を読み返すなどという、こっ恥ずかしいことはなるべくしたくないモノですが、やるとやらないとでは天地の差になってしまいます。

この「ひと手間」を貯蓄に持ち込んだ場合どのような事が起きるか?
目的は「貯蓄をする」ということなのですから、「貯蓄に向かってのひと手間を惜しまない」行動となるのでしょう。

貯蓄

例えば、【収入-貯蓄=支出】と言う考え方。
一定額を収入から貯蓄に回し、残金で次の収入時まで賄うということ。これは「先に貯蓄に回すひと手間」が重要なのですが、この行動が非常に面倒。
面倒だから続かないのだけれども、面倒でなくなれば「ひと手間」ということで片付く話であって、貯蓄はできてしまう話。

また、「支出を管理する」事ができれば、思いのほか貯蓄はスムーズにできるわけですが、常に支出を管理しないとならないわけで非常に面倒。やはり、面倒だから長続きがしない。

こうやって考えて行くと「ひと手間」ができるのか?それともそのときの感情に流され「ひと手間」を面倒だと受け取ってしまうのかで、先々に大きな違いを生んでしまうわけです。
すると、「ひと手間」と「面倒」は対局に位置するモノだということがわかります。

「ひと手間」を加えられるか?ということは、何事に対しても重要なことになってくるのでしょう。

しかし、間違った「ひと手間」でこれまでの苦労を台無しにすることもありますので、最新の注意を払いながらの「ひと手間」を……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

正しい住宅ローンの借り方
追加緩和の噂が出てきたけど……そもそもマズくない?
実験は自腹を切るとよく分かる!
金融市場をなくすと景気は良くなる?
詐欺師を認めやしないが、手口は認めざるを得ない
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
暑い夏には、ハッカ油!特におっさんには(笑)
保育所が足りない、待機児童問題はこうやって解決してみては?
もうはまだなり、まだはもうなり
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
例えば、保険を購入しない!
お得感を求めて損をする
都内のタクシー初乗り「410円」は実質値上げ!
規則や規制を減らすには、ルールやマナーを重要視することからなのでは?
「権力」には魔物が棲んでいる!?

Menu

HOME

TOP