貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?

先日ある人とお話しをしていると「如何にひと手間を加えられるか?」とおっしゃっていました。「ふむふむ」と言う感じでお話しを聞かせて貰っていたのですが、料理だって「ひと手間」を加えるだけで、味が変わって美味しくなる。
「おっ?違うねぇ~」なんて感じに受け取って貰えると「ひと手間」を加えるだけの苦労が報われるってわけ。

特にこういうブログなどでは、「文章の見直し」という「ひと手間」を惜しむかどうか?面倒だからとやるかやらないかで、だいぶ変わってくるモノです。
誤字・脱字を嫌ったり、前後の文脈が思っていたことをスムーズに伝えられるかということは、あとになって読み返す「ひと手間」がないと見つけられないわけ。自分の文章を読み返すなどという、こっ恥ずかしいことはなるべくしたくないモノですが、やるとやらないとでは天地の差になってしまいます。

この「ひと手間」を貯蓄に持ち込んだ場合どのような事が起きるか?
目的は「貯蓄をする」ということなのですから、「貯蓄に向かってのひと手間を惜しまない」行動となるのでしょう。

貯蓄

例えば、【収入-貯蓄=支出】と言う考え方。
一定額を収入から貯蓄に回し、残金で次の収入時まで賄うということ。これは「先に貯蓄に回すひと手間」が重要なのですが、この行動が非常に面倒。
面倒だから続かないのだけれども、面倒でなくなれば「ひと手間」ということで片付く話であって、貯蓄はできてしまう話。

また、「支出を管理する」事ができれば、思いのほか貯蓄はスムーズにできるわけですが、常に支出を管理しないとならないわけで非常に面倒。やはり、面倒だから長続きがしない。

こうやって考えて行くと「ひと手間」ができるのか?それともそのときの感情に流され「ひと手間」を面倒だと受け取ってしまうのかで、先々に大きな違いを生んでしまうわけです。
すると、「ひと手間」と「面倒」は対局に位置するモノだということがわかります。

「ひと手間」を加えられるか?ということは、何事に対しても重要なことになってくるのでしょう。

しかし、間違った「ひと手間」でこれまでの苦労を台無しにすることもありますので、最新の注意を払いながらの「ひと手間」を……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

相場をやっていれば、マイナスだって計上するでしょ?
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
抜けた方に付いて行くことが基本
築地市場移転問題は豊洲市場の土壌汚染が問題ではなかった!?
貨幣(お金)とは一体なんぞや?
三菱東京UFJ銀行が「国債」から離れる?
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
「近赤外線 ガン消滅」 マジで?
実験は自腹を切るとよく分かる!
死に場所難民なんて怖くない!
英国はユーロ離脱?事前調査VSブックメーカー
「思うように貯蓄ができない……」と嘆いているあなたへ!
好評「安倍マリオ」にノッた発案者公表は大失敗!?
投票率は大きく伸びず、与党は2/3の議席を確保したけど、選挙資金規正法はどうなるの?

Menu

HOME

TOP