貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?

先日ある人とお話しをしていると「如何にひと手間を加えられるか?」とおっしゃっていました。「ふむふむ」と言う感じでお話しを聞かせて貰っていたのですが、料理だって「ひと手間」を加えるだけで、味が変わって美味しくなる。
「おっ?違うねぇ~」なんて感じに受け取って貰えると「ひと手間」を加えるだけの苦労が報われるってわけ。

特にこういうブログなどでは、「文章の見直し」という「ひと手間」を惜しむかどうか?面倒だからとやるかやらないかで、だいぶ変わってくるモノです。
誤字・脱字を嫌ったり、前後の文脈が思っていたことをスムーズに伝えられるかということは、あとになって読み返す「ひと手間」がないと見つけられないわけ。自分の文章を読み返すなどという、こっ恥ずかしいことはなるべくしたくないモノですが、やるとやらないとでは天地の差になってしまいます。

この「ひと手間」を貯蓄に持ち込んだ場合どのような事が起きるか?
目的は「貯蓄をする」ということなのですから、「貯蓄に向かってのひと手間を惜しまない」行動となるのでしょう。

貯蓄

例えば、【収入-貯蓄=支出】と言う考え方。
一定額を収入から貯蓄に回し、残金で次の収入時まで賄うということ。これは「先に貯蓄に回すひと手間」が重要なのですが、この行動が非常に面倒。
面倒だから続かないのだけれども、面倒でなくなれば「ひと手間」ということで片付く話であって、貯蓄はできてしまう話。

また、「支出を管理する」事ができれば、思いのほか貯蓄はスムーズにできるわけですが、常に支出を管理しないとならないわけで非常に面倒。やはり、面倒だから長続きがしない。

こうやって考えて行くと「ひと手間」ができるのか?それともそのときの感情に流され「ひと手間」を面倒だと受け取ってしまうのかで、先々に大きな違いを生んでしまうわけです。
すると、「ひと手間」と「面倒」は対局に位置するモノだということがわかります。

「ひと手間」を加えられるか?ということは、何事に対しても重要なことになってくるのでしょう。

しかし、間違った「ひと手間」でこれまでの苦労を台無しにすることもありますので、最新の注意を払いながらの「ひと手間」を……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「死後離婚」という言葉を受けての誓い
子ども1人の教育費、月平均にすると……あなたの家計は大丈夫?
詐欺に引っかかるのは年寄りばかりじゃない……
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?
相場・マーケットで利益を頂戴するには、異性を口説く感覚が必要である!?
日経平均株価が下がる理由
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
仮想通貨が暴落!売りが売りを呼ぶ展開
「103万円の壁」や「130万円の壁」の踊らされる……件
常識が非常識になるのがマーケット
英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?
バイトに「ノルマ罰金」は、経営判断ミスから生じているだけでは?
使える保険と使えない保険 あなたは保険内容を正しく知っていますか?
プライマリーバランスの黒字化は国際公約?目的ではなく手段なのでは?

Menu

HOME

TOP