貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?

先日ある人とお話しをしていると「如何にひと手間を加えられるか?」とおっしゃっていました。「ふむふむ」と言う感じでお話しを聞かせて貰っていたのですが、料理だって「ひと手間」を加えるだけで、味が変わって美味しくなる。
「おっ?違うねぇ~」なんて感じに受け取って貰えると「ひと手間」を加えるだけの苦労が報われるってわけ。

特にこういうブログなどでは、「文章の見直し」という「ひと手間」を惜しむかどうか?面倒だからとやるかやらないかで、だいぶ変わってくるモノです。
誤字・脱字を嫌ったり、前後の文脈が思っていたことをスムーズに伝えられるかということは、あとになって読み返す「ひと手間」がないと見つけられないわけ。自分の文章を読み返すなどという、こっ恥ずかしいことはなるべくしたくないモノですが、やるとやらないとでは天地の差になってしまいます。

この「ひと手間」を貯蓄に持ち込んだ場合どのような事が起きるか?
目的は「貯蓄をする」ということなのですから、「貯蓄に向かってのひと手間を惜しまない」行動となるのでしょう。

貯蓄

例えば、【収入-貯蓄=支出】と言う考え方。
一定額を収入から貯蓄に回し、残金で次の収入時まで賄うということ。これは「先に貯蓄に回すひと手間」が重要なのですが、この行動が非常に面倒。
面倒だから続かないのだけれども、面倒でなくなれば「ひと手間」ということで片付く話であって、貯蓄はできてしまう話。

また、「支出を管理する」事ができれば、思いのほか貯蓄はスムーズにできるわけですが、常に支出を管理しないとならないわけで非常に面倒。やはり、面倒だから長続きがしない。

こうやって考えて行くと「ひと手間」ができるのか?それともそのときの感情に流され「ひと手間」を面倒だと受け取ってしまうのかで、先々に大きな違いを生んでしまうわけです。
すると、「ひと手間」と「面倒」は対局に位置するモノだということがわかります。

「ひと手間」を加えられるか?ということは、何事に対しても重要なことになってくるのでしょう。

しかし、間違った「ひと手間」でこれまでの苦労を台無しにすることもありますので、最新の注意を払いながらの「ひと手間」を……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
警察や検察から漏れ伝わる情報は何故なの?
貯蓄をするのに家計簿はいらない!?必要なのはコレ!!
人手不足は人がいないからではなく、制度に問題があるのでは?
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件
「過払い金」の次は、「労務問題」で食いつなぐ!?思いやりのない、淋しい世の中です
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
築地市場移転問題は豊洲市場の土壌汚染が問題ではなかった!?
逆転の発想で、簡単貯蓄!?
小池都知事vs石原元都知事 非合理的であっても、トコトンやりあうべき理由
2011年03月11日14時46分18秒から5年です
英国はユーロ離脱?事前調査VSブックメーカー
教育費のイメージは、あなたにとって有効なイメージですか?

Menu

HOME

TOP