貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い

 

誰でも分かっているけれども、見ないようにしていることって結構あるでしょ?
いろいろな分野であることだけれども、ライフプランというか家計の話で行くと、「貯蓄」ってワードが出てくると思うのです。

「貯蓄をするにはどうすればいい?」
「何故、貯蓄ができないのか?」

誰でも分かっていることなんです。そして、すべきことは誰でも分かっていることなんですよ。
貯蓄をするためにはどうすればいいのかなんて、小学生でも分かる。
たぶん、貯蓄が出来ない理由なんて中学生でも分かる。
足し算と引き算が分かれば、誰にでも分かること。

貯蓄

しかし、そこに秘技があったり、特別な何かがあったりするかもしれないと考えたり、もっと簡単にできるようなある意味「魔法」を期待しているわけ。

秘技があったり、特別な何かって言うのは、根本をカモフラージュさせての近道を期待しているんでしょう。

そういう特別なモノがないと、貯蓄の出来ない自分を否定されることになりますから。
貯蓄のできている人は、何か特別なモノを知っているから貯蓄ができるのであって、自分の責任ではないと思わないとやっていられませんから。

何らかの秘技的なことはあるかもしれませんが、根本は変わりません。

収入>支出・・・貯蓄ができる

収入<支出・・・貯蓄ができない

たったこれだけのこと。
これ以外のことがあるわけがない。

毎日1億円ずつ収入を得ていても、毎日1億円ずつ使っていれば貯蓄はできません。
毎日1000円ずつの収入でも、毎日999円ずつの支出ならば貯蓄ができます。

収入をコントロールするか?それとも支出をコントロールするか?それだけの差であり、支出より収入を増やせば貯蓄はできるわけです。

収入のコントロールよりも支出のコントロールのほうが比較的簡単にできるから支出に目が向きますが、別に収入を増やしても問題はないわけ。

「収入は景気が悪いから増やせないけど、支出ならば節約ができる。」となるのでしょうが、このあとに口には出さない単語が並んでいるのです。

「面倒くさくなければ……」

たぶん、簡単にできることならばみんなができているでしょうから、誰も苦労することもないのでしょう。
しかし多くの人が「貯蓄ができない」と言っているくらいですから、「面倒……」とやらない方が多いわけです。

ようは、貯蓄のできる人と貯蓄のできない人の差は、【面倒くさがり屋かどうか?】ってことが非常に大きいと思いますよ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
幼稚園で教えてもらえなかった常識!?有料駐輪場に自転車を置いても撤去される時代。
給付型の奨学金は素晴らしいけど、作るだけじゃダメだと思う件
「思うように貯蓄ができない……」と嘆いているあなたへ!
ホッピーを呑まないの?ならば、下町ハイボールは如何?
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
大量生産・大量消費に一石を投じるスウェーデン
ふるさと納税というシステムは、天才的だと想う件
東京五輪ボート、韓国でやるくらいならば、江戸川競艇で開催を!
キャバ嬢にモテるには、NYダウを語るといい?!
人情ってことから考えてみたい現実
炎上を甘く見ちゃいけないと思うよ……と、ボヤにも満たない程度の経験者が思うこと
守る100万円と攻める100万円

Menu

HOME

TOP