詐欺に引っかかるのは年寄りばかりじゃない……

おいおい、ホントかよっ!
と言うことが、世の中では結構あるわけで、信じられないような本当にあった話というのは、身の回りに沢山事がっています。

まず、オレオレ詐欺とか、そこから派生しているような劇場型とか、とにかく詐欺事件。
なんで引っかかるの?と思うでしょ?
でも、これって年寄りだからと言うことだけではないんだと思いますよ。

冷静な判断をできないような状況に追い込まれ、そこで引っかかってしまうのですから、引っかかるのは年寄りばかりではない。
冷静に判断をすれば、おかしいな?と分かることも、冷静な判断ができない状況に追い込まれてしまうと、人間というのは結構脆いもの。

「個人融資掲示板」犯罪の温床に

こんな話が出ていました。おいおい、そんな話があるわけねぇだろ?と思いますが、実際に起こっていると考えておいた方が良いのでしょう。

資金繰りに切羽詰まっている状態となれば、冷静な判断などできません。藁にもすがる思いでいるのでしょうから、詐欺師から見れば絶好のカモ。
もし自分が貸し手だとすれば、ネットの掲示板でのやり取りですんなりお金を貸しますか?ってことです。
自分が貸さなないと判断するようなものは、他人だって貸しちゃくれません。
よほどの金利や担保を取るのならば別でしょうが、担保があるなら銀行だって融資をしてくれるでしょうから、掲示板などで都合をつけようとも思わないでしょう。
冷静になれば分かることだって、冷静ではないときだと騙されてしまうのです。

儲け話にかかわる詐欺も一緒。
甘い話はないと思っていても、甘い話には心が動いてしまいます。
日本国債の金利を考えれば、今の市場金利がどのくらいなのかが理解できるでしょうから、年間利回り40%だとか60%だとかの話になれば「胡散臭っ!」とまずは疑えるわけです。
でも、詐欺師もバカじゃない。詐欺で喰っているのですから、「胡散臭さ」で疑われるのは百も承知。
最初の話に乗れば、弐の手・参の手で畳み掛けてきますから、最終的には飲み込まれてしまう。
弐の手・参の手ときたときには冷静な判断はできていないのでしょうからね。

まず、冷静になりましょ!
冷静になれないと、詐欺師からはネギを背負っているようにしか見えないでしょうから。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

一人でもいたら「アウト!」なのだ
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
富裕層にはお金を使ってもらうしかないです
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
何故、路面店に免税店があるの?
アベノミクスの失敗は既定路線!?
ポケモンGOで損失が出るであろう業界
どうでも良い話をごちゃまぜにすると、さっぱり分からなくなる
景気を良くする方法を考えてみた!
宝くじの収益金を東京五輪の運営費に……何処が犠牲になるのだろう?
お金に働いて貰う前に、逃げられないように。
現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
お騒がせトランプ米大統領発言、読み手の読解力にも問題が……
科学にはなれないのが経済
「憲法改正」よりも「政治資金規正法改正」

Menu

HOME

TOP