規則や規制を減らすには、ルールやマナーを重要視することからなのでは?

子どもの世界もおとなの世界も一緒。ルール、マナーを守れない人間が存在するがために、監視が厳しくなり被害を被る方がでてくるということなのでしょう。
しかし、高校生なんて時代は、ルールを破るのが魅力的な年頃かもしれませんが……。

「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も

髪の毛なんて、あんまりいじらない方が将来のためなんだけど、そんなことはどうでも良い話であって、現在がおしゃれだと自分で思えればそれで満足のできる瞬間かも?
髪の毛だけじゃなく、全てにおいて「ルールに縛られたくない」ということが先行している部分もあるのかも?

私の同級生にもいましたよ、パーマをかけて坊主にされた奴とか、パーマに失敗をしておばちゃんパーマになった奴とか。
おばちゃんパーマになった奴は、坊主にされませんでしたねぇ。辱めをずっと味あわせてやろうってことだったんでしょうかね?(笑)

中学を卒業してすぐにパーマをかけちゃったり、髪の毛を染めて、高校に入ったときに「地毛です」で押し通そうとする奴は、用意周到ということでその辺は誉めてあげたいのですが、パーマや髪染めが校則違反ならばヤラないほうがいい。
しかも髪が痛むだけ。のちのちにえらく後悔しちゃう人がおおいですよ……。

大学に行けば自由だし、しかも、偏差値の高い学校だと、頭髪以外の服装でも自由な都立高校は結構ある。
本当に用意周到ならば校則を調べて受験しているでしょうけどね。
まぁ、高校は義務教育ではないのだから、ルールを破ってまで通う必要もないと思うんだけど……。

しかし、「ルールを破りたいお年頃」だってことだけならば、何を言っても無駄なのでしょう。そして、「他人さまには迷惑をかけちゃいない」って思っていれば、どうにもならない。
パーマをかけたり髪を染めたりとなれば、保護者が容認しているということでしょうから、校則を家族ぐるみで破っているということ。
郷に入れば郷に従えという言葉があるように、ある場所にはその場所のルールがあるわけで、そのルールを破れば【敵】とみなされて自分が圧倒的に不利。
ルールを変更したり、自由を勝ち取るには、相当のパワーが必要。そんなパワーが有るのならば高校を卒業してから使っても良いんじゃないのかな?

束縛されるようなことってあまり好まないので、ルールや規制が増えてくることが嫌なんです。ルールや規制を増やさないためには、ルールやマナーを守るってことが大切なのでしょう。
節税だって度が過ぎればルールの変更となって脱税になってしまうのですから、目立たない形でルールを最大限活用することが上手く共存していくことだと思いますよ。

にしても、学校の先生って大変ですよねぇ。勉強を教えているだけではなく、頭髪なんかにも気を使わなきゃならないなんて、お疲れ様ですm(_ _)m

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
ホクレンのバター問題、正義は何処にあるのだろう?
円キャリートレードの復活!?
東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ
国立競技場は、観点がズレてない?
東京五輪は競技の殆どを地方に持って行けば、すべてが丸く収まるのでは?という件
トランプ氏の米大統領が現実味を帯びてきた?
今の国会で利益をあげている人、損をしている人
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
大量生産・大量消費に一石を投じるスウェーデン
詐欺に引っかかるのは年寄りばかりじゃない……
消費者の感覚として、これだけは知っておきたいと思う件
豊洲市場はアウト!?政治に利用されるだけ?
プライマリーバランスの黒字化は国際公約?目的ではなく手段なのでは?
「どうせ貰えないから……」という方が減っている?年金納付率が上昇している現実

Menu

HOME

TOP