落ちてくるナイフはつかむな

物事というのは、立場立場によって、見方もことなり、見え方も違ってくるのでしょう。
人によっては大切なことですが、他の人にとってはどうでも良いことが多々あります。
人なんてわがままな動物ですから、どんなに大切なことであっても、自分に興味のないことをいくら言われても、聞く耳を持たず(笑)

とりあえず、個人的に若干興味があるので考えておきたいというのが仮想通貨。
ビットコインを中心とした仮想通貨。
ビットコイン一人勝ちなのかも知れませんが……

資産運用や投資・投機の観点から眺めるのは、あまり賛成できませんが、技術的には素晴らしいものだと。
が、技術的には素晴らしいとは思いつつも、技術に関しては殆どわからずで、分かるのは投資・投機の観点から。
不条理といいますが、まったくもって世の中ってのは上手く行きません。

しかし、どうせあるのならば、活用しないともったいない!
そんな気持ちもあるわけです。

所詮、チャートがあれば何でも取引をしたい身体ですので、ビットコインだろうがアルトコインだろうが、チャートがあれば怖いものなし(笑)

ビットコインの日足のチャート。
ここ数日で急落。
びっくりするくらいの下げ。理由などどうでも良いので、材料など知ったことではありません。
そこに市場があるから、価格が決められ、思惑で値段は上下を繰り返すだけ。

09/14の295000円から11/08の874000円までの上昇。

2ヶ月間程度で60万円近く上昇してしまうことにも驚きですが、現在(2017/11/13)値安値は605555円となっており、5日間程度で30万円下がる値動きにもびっくり。

たった2ヶ月間かもしれませんが、その上昇に対しての半値押し。

半値押しだから止まるかどうかは分かりません。
ただ、半値押しだからと言って、それだけの理由で飛びつくと、「落ちてくるナイフはつかむな!」と昔の人に言われてしまうかもしれません。

これだけの値動きですから、上昇に転じたときには急騰となっており、気持ち的に買うことなどできないことでしょう。
簡単にできないことを平気で言うのですから、無責任これ極まりないわけで申し訳ないのですが、簡単にできないからやる価値があるのではないでしょうか?
個人的にということになりますが、落ちてくるナイフをつかむより、高いところをつかみに行ったほうが、安全だと考えています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

守る100万円と攻める100万円
100円割れを見せてきた為替をどう読む?
メインにはなれない、セカンドオピニオン
英国はユーロ離脱?事前調査VSブックメーカー
他人様はあなたに興味がない!
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
女房を質に入れても売り叩く相場が……
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
景気が本当によくならない原因
株式市場はバブルなのか?
ビットコイン30%の急落も、週足で見れば良い押しか?
投資は「面倒」「怖い」「煩わしい」けど、興味だけはあるあなたへ!
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?

Menu

HOME

TOP