英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格

英国はEU離脱決定

英国のEU離脱が国民投票で決まり、金融市場が混乱を見せてきました。
2016/06/24の東京円相場の値動きを確認。
寄付:106.12円
高値:106.84円
安値:99.98円
終値:102.16円
高安で7.86円の値動きがあったのですから、異常事態。

異常事態だからといっても、英国のEU離脱は決まったことであり、マーケットは「円買い」に動いているのだから、仕方がないと諦めるしか無い状態。

「円高・株安状態で日本経済は大丈夫なの?」となりますし、日本国債はマイナス金利へ突入しているのですから、「日本円を買って平気なの?」と思うわけですが、流れが流れなのですから止めようがない。

川の流れは、高いところから低いところに流れ、相場は買われたモノは下がるし、売られたモノは上がる。ただ、それだけの現象。
買われた相場が下がっているだけなのだから、売られきれば今度は上がるって話に。

政策的なことは分かりませんが、チャートの形から、どのタイミングで政策を打ち出すとより効果的なのか?ということが確認できるのでしょう。
アベノミクスのスタートで円安になったわけですが、あのタイミングは絶妙なタイミングだったわけで、アベノミクスがあったから120円超えまでのドル高円安になったことは否定しませんが、ドル高円安へ転換しても不思議ではないタイミングだったわけ。

物事には常にタイミングがあるわけで、タイミングと政策が重なれば、効果は非常に大きくなるということなのでしょう。

 

東京円相場を月足から検証してみると

円高のピークは2011/10/31の75.54円。
結果的に75.54円が底となりドル高円安のトレンドが作られ、2015/06/30の121.92円まで。
最終的に円安のピークは121.92円ですから、46.38円のドル高円安を作ったということに。
時間軸を考えれば44ヵ月間のドル高円安。

東京円相場月足

ドル高円安のピークが2015/06/30ですから、現状では12ヵ月ドル安円高の流れになっていることが確認できます。
44ヵ月の上昇に対して12ヶ月の下落。
0.382=16.81ヵ月
0.5=22ヵ月
0.618=27.19ヵ月
0.382の日柄を理想とするのならば、あと4~5ヵ月足りず、2016/11月頃が日柄的には止まってもいい状態になるのでは?と考えられる状況。
2016/11となれば、米国の大統領選挙。
米大統領選挙がポイントになるイベントなのかもしれないと考えられます。
値幅的にはどうなるのか?ということになるわけですが、2011/10/31の78.54円から2015/06/30の121.92円までの上昇に対する押し。
0.382=104.20円
0.5=98.73円
0.618=93.26円
98.98円まで出しているのですから、半値押しをしている状態。
ということは、このまま値動きを止められれば、11月には反転する可能性があるということ。
しかし、4ヶ月も5ヶ月もの期間において下値を試さずに維持ができるのか?となると、勢いからすると難しく感じられ、0.618の押しとなる93.26円を考えておいた方が良いのかも?

細かい検証は別の機会に譲るとして、月足に移動平均線および一目均衡表を重ねチャート分析をすると、実線が52月移動平均線(103.40円)割れに挑戦。支えられるのか?それとも下抜けてしまうのか?
2016/11の先行上限と先行下限を確認しておくと、先行上限が100.70円で先行下限が94.01円。
値幅で0.618の押しとなる93.26円を試し、先行下限に支えられて反発するということも十分に考えられる状態。

一目均衡表から分析をするのならば、忘れてはならない遅行線の状態。
現状は実線とのデッドクロスに挑戦。
実線が101.74円であり、2016/06が実線に支えられる終値で終了できるのか?に注目せざるを得ない形。

 

円高ピークの時期と値段を算出すると……

以上の検証から、目先は少し反発を見せる程度の政策をマーケットに見せて、若干の反発を見せてくることが理想的。
そして、ドル安円高のピークを2016/11で93.26円と目標を定めて、そこで大胆な政策に打って出ると効果的になると思われます。

タイミングと値幅が一致したときには、非常に大きな効果が出てくると思われますが、その前に90円割れなどを見せてきたときには、その限りではなく、新たに検証し直す必要があります。

*投資は自己責任で行って下さい。当エントリーは個人的な見解であり、利益などを保証するものではありません。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
ライフプランに「平均的」とか「一般的」などが、意味があると思いますか?
逆転の発想で、簡単貯蓄!?
ドル高円安になるためには●●●●待ち
「106万円の壁」に挑戦!
憲法改正は国会で決まるの?
ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?
キャバ嬢にモテるには、NYダウを語るといい?!
何もしないことが「リスク」である
史上最高値のNYダウは、利上げを誘発するのか?
円キャリートレードの復活!?
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
マイナス金利ってヤバイんだろ?
プライマリーバランスの黒字化は国際公約?目的ではなく手段なのでは?
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?

Menu

HOME

TOP