老後のための資産運用って必要あるの?

年金受給年齢が引き上げられるだとか、このままの財政赤字が続けば年金受給額が極端に減らされるだとか、ネガティブな話題が多い昨今。

このようなことを言われれば、「老後のために資産運用を始めようか」という話になってくるのも自然。しかも、政府が投資をしましょうと言わんばかりに、投資に対して税制優遇をしたりするものですから、ここぞとばかりに資産運用を始めるようです。

でも、こんな状態で資産運用を始めて、上手くいくんでしょうか?
資産運用をやりたい人は、誰に言われることもなく始めているでしょうし、どちらかと言うと、あまり資産運用というモノをやる環境にない人や考えたこともなかった人、老後大変なことになるならやっておこうという方々多いのではないでしょうか?
それが悪いということではありません。こういうことがきっかけとなって、資産運用の必要性を感じ、真剣になられる方もいらっしゃるば、嬉しい限りです。

が、本当に必要だと思って始めていますか?運用が好きでやっていますか?よく分からないけど、流されるままに始めていませんか?

競馬好きな人がいて、物凄く儲かっています。税金の支払いが大変だ……と嘆いている姿ばかりを見ています。そんなに儲かるのならば、競馬をやってみよか?
老後資金が足りないから資産運用を始めるって、こんな感じと何ら変わりがありませんよ。

競馬はやらないけど、資産運用なら始めてみようかな?という発想の違いが良く分かりません。競馬でもバイクでも自転車でもパチンコでも資産運用でも、投資としてやるのならば投資になるし、ギャンブルとしてやるのならばギャンブルになるだけ。
もちろん、競馬をやらないこだわりがあったり、資産運用でも投資信託は絶対にやらないというこだわりなどがあるのならば別。
括りとしてみれば『お金をかけてお金を増やそうとする行為』ですから、全部一緒なのです。
その中で、銘柄を選んで、自転車はやらないけどビットコインはやるというのならば分かる。が、株はやらないけど投資信託はやるとか、あんまり意味が分かりません。あくまでも個人的にですから、どうでも良いことですが……

ここで言いたいのは、もし、資産運用を始めるのならば、それなりのリスクを背負っている自覚が必要だということ。増やすために資産運用を始めるのでしょうが、損をすることも多々あるということ。
○○が言っていたから大丈夫!と、根拠のない大丈夫ほど危険なモノはないわけで、最低でもルールを理解してから運用を開始して下さい。

「儲かるって言うから始めたのに!」と、損をすれば言いたい気持ちはわかりますが、損は付き物だと言うことを自覚して始めて下さい。

そして、本当に資産運用を必要としている家計なのか?そして、資産運用をしているだけの余裕があるのか?あなたの家計をもう一度見つめ直して下さい。

資産運用って、余裕のある人が、もう少し余裕を作ろうという状況で行うのが、一番利益が出るのではないでしょうかね?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

同じことをやっても、結果は違ってくる件
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
青森県で高卒で就職すると、65歳で住宅ローンを完済し、世帯貯蓄が2464万円となる件
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件
貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い
日経平均暴落!調整は何処まで?
コインチェックからの不正送金で学べること
15連続続伸の日経平均株価のチャートに怪しい形が出現
お金に働いて貰う前に、逃げられないように。
住宅ローン、もう一度ここを考えて
自分には甘いのが人という動物なのでは?
ドル高円安になるためには●●●●待ち
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
教育費のイメージは、あなたにとって有効なイメージですか?

Menu

HOME

TOP