老後に2000万円なくても問題はありません!ただ、○○○が減るだけ

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書が公開され
世間がざわついているようです
「老後資金に2000万円が必要」という言葉が全面に押し出された格好ですから
ざわついても当然なのかもしれません

大抵の場合、「老後資金に2000万円が必要」だけしか見ませんから
「何故、2000万円が必要なのか?」ということは考えない

よく考えてみて下さい
現在65歳以上のご夫婦の方々全員が2000万円の貯蓄を持って65歳を迎え年金生活に入ったのか?と言うこと

FPなどということをやらせて頂いていると、老後も安泰の資金が用意できていますなどという方は数少ないわけです
もちろん、老後に不安が無ければご相談に来ないと言うことも多分にあると考えられますが、それが現実だと解釈しています

そして、よ~く考えてみて下さい
誰を責めたところで、老後資金が増えるわけではありません
謝ってもらっても老後資金に目処がたつわけじゃないんです

もちろん、老後資金に余裕がある方が良いに決まっています
ゼロよりも1000万円、1000万円より1億円
当然ではあります

が、個人的には貯蓄がゼロだって問題ないと思うのです
資金があれば「選択肢」が増えるんです
老後の選択肢を増やすために、老後資金を作るということなんです

言い方なんですよね
「老後資金には2000万円が必要」と言われれば
反発する人もたくさん出てくると思いますが
「老後の選択肢を増やすには老後資金は多ければ多いほど良い、目安は2000万円」と言えば納得する人の数も増えるのでは?

例えば、65歳でリタイアして、毎月旅行に行きたいとなれば、年金だけでは足りないのは明らか
「貯蓄が必要ですよ」ということ

ですが、貯蓄がゼロならば、間違いなく死ぬ直前まで働いていないと生活ができないのでしょうし、旅行なんて夢の話となるかもしれません

あなたはどちらを選びますか?という事です

貯蓄があれば、死ぬ直前まで働く選択肢もあれば、65歳でリタイアする選択肢がある
しかし、貯蓄が無ければ、死ぬまで働くという選択肢しかないということ

子どもの頃、「勉強しなさい!」と言われませんでしたか?
勉強してどうなる?と疑問を持った人も多いハズ

これも今回の件と一緒で、勉強をして学力をつけると選択肢が増えるのです

別に良い大学に行って、一流企業に入ることが目的ではなく、選択肢が増えるのです
勉強さえしていれば、好きな大学に入れます
が、学力が足りなければ、好きな大学に入ることすらできません

仕事もそうです
医者の資格を取って、医者をやらずに他の好きな仕事をやるのはその人の選択肢ですが、医者の資格がない人は、医者にはなれないのです

別に老後資金に2000万円が無ければ死んでしまうわけではありません
生活レベル次第でどうにでもなります
ただ、選択肢を多くしたいのならば、老後資金を増やしましょうと言うことなんです

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「~しなければならない」と考えるよりも……
あなたの人生、他人任せでいいですか?自分でコントロールをしたくないですか?
科学にはなれないのが経済
「時差Biz」通勤ラッシュの救世主になるか?
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
東京五輪開催反対のいくつかの理由
無駄遣い 人によっては 自己投資
豊洲市場の地下水汚染、急激に悪化!また、癒着?それとも改ざん?
国会の先生方、情けないアピールはやめて、政治家らしいことをそろそろ始めてみては?
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
キングコング西野作『えんとつ町のプペル』は作品としてホロッときます。
貯金ができないときに必要なモノとは?
逆転の発想で、簡単貯蓄!?
究極の時短術!?

Menu

HOME

TOP