繰り上げ返済、有利にも不利にもなるから不思議

「繰り上げ返済をガンガンやっていけば有利なんですよね?」
確かに貸し手の収益モデルを考えれば、長期間貸して金利を頂戴する形なのですから、その逆を行くようにすれば有利なのは間違いない。

だからと言って、何が何でも繰り上げ返済をすることが有利なのか?となれば、その限りでもないのでしょう。
単純に現在借りている元金を減らす行為をすれば、金利が減る分だけ有利にはなるのですが、この借入金に対してだけの話です。

これから先、何処にお金がかかるのか?その辺の把握をしなければ、繰り上げ返済があなたにとって有利なのかどうか?は分かりません。

繰り上げ返済を事あるごとにやるのは、有利だと言った人の意図が分からなければ、あなたにとって有利かどうかは分かりません。
繰り上げ返済が有利だと言っている人の殆どは、現在の借入金に対してという限定だと思われます。そして、手数料抜きという条件も入ってくるのかもしれません。

あなたの環境によって有利の度合いが変わってくるという言い方が正しいのかもしれません。
例えば、完済まで10年の人と25年の人とでは度合いが大きく変わるでしょうし、家族構成によっても変わってしまうのでしょう。
その辺のことまで把握して、繰り上げ返済をした方が無難。

繰り上げ返済をして、この返済に関しては有利にしたものの、別の借り入れを高い金利で借り入れて失敗したり、月々の返済額が増えてしまって失敗するということも多々あります。

現在のあなたの家計状況がいちばん大切であり、無理に有利を追うことによってリスクだけを背負ってしまう羽目にも。

目先の損得だけに目を奪われず、あなたのライフプランに沿った資金の使い方を考えてみては如何でしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
【家計を助けるために賢く頑張っている主婦】をアピールしているあんたが家計を苦しめているんだよ(;一_一)
生命保険って「博打」と変わらないでしょ?って件
求人倍率はバブル経済を抜いたが、そもそも求人倍率で景気は測れるの?
やはり住宅は無理して買うようなモノではなく、無理して買うような時期でもない?
貯蓄ができなくても悩む必要なし!何故ならば……本文を読め!!(笑)
ライフプランに「平均的」とか「一般的」などが、意味があると思いますか?
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
貯蓄をするのに家計簿はいらない!?必要なのはコレ!!
1年も2年も先のことを、ましてや10年も30年も先のことなど、誰にも分からない件
正当化される目的がないと、ジャック・バウアーだってただの殺人鬼
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
運用リスクの軽減に「72」を活用!
「はっ!」とした瞬間が、貯蓄のチャンス!活かすも殺すもアナタ次第!!

Menu

HOME

TOP