綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件

 

実態のほどはよく分かりませんが、日本の子どもの貧困率は相当高いようです。何処でも結構言われているので、たぶんご存じの方も多いかと思いますが……

で、私がコツコツとやらせていただいているのが、電子書籍の売上の一部を寄附してしまうということなんです。
たいした売上ではないですから、こんな金額で寄付をしたなんて偉そうなことは言えませんが、今回は7割り程度を寄付してしまいました。自分のためにって言うより、誰かのために思うと、なんとなく自己満足ができるんです。
自己満足の部分が非常に大きいのですがね(笑)

人の為と書いて「偽り」と読みますから、ただの綺麗事だと捉えられても仕方がありません。しかし、自分の持っている知識を書籍化すれば、子どもの未来が少しでも拓けるとなると、電子書籍を出すのも大変ですが、結構がんばれるんですよ。
これ、自分の収入のためにだったら絶対にやりませんよ。やってみればわかりますから(笑)
逆に言えば、自分の純然たる収入の一部を寄附したほうが合理的なのかもしれませんが、それだとなんだか偉そうな人間になってしまいそうですし、一石二鳥とはならない。
少し私が大変な思いをすれば、読んでくださった方々の役に立って、未来の子どもたちの役にも立てる。
この一連の流れが欲しいんですよ。

日本財団 子どもの貧困対策支援

私はバカの一つ覚えのように、ここにばかりですけど、いろいろなところがあると思います。時間がありましたら、覗いてみて下さい。
何かの災害が起きたときには赤十字ですけど(笑)

そして、電子書籍もご購入頂かなくとも、Amazonの読み放題で読んで頂いても構いませんので、是非一回お手にとって御覧下さい。
専用のリーダーがなくとも、スマホでも読めますし、PCでも読むことは可能です。

子どもたちの未来が明るくなれば、日本の未来も明るくなると思うんですよね。
希望が持てない世の中では、面白くないですから!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

無料の情報は、価値が無いから無料なのです
ボジョレヌーボー解禁!今年のキャッチコピーも……
モトから叩いて改善しましょ!
憲法改正は国会で決まるの?
先々を見ようとするから難しい
保険が必要かどうかを考える前に考えておきたいこと
人が動いて無料ってモノはないんじゃない?
年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
警察や検察から漏れ伝わる情報は何故なの?
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?
ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?
何故、路面店に免税店があるの?
景気を良くする方法を考えてみた!
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく

Menu

HOME

TOP