経済崩壊でも中国人の爆買いはまだまだ続く!?

中国経済は既に崩壊に向かっていると思われるものの、実際にはまだまだ中国パワー炸裂中!ってことでしょうか?

春節待てず「訪日ラッシュ」 LCCほぼ満席、ビザ申請前年超えへ

訪日ラッシュだそうで、たくさんのお金を日本で使ってくれるようです。
日本企業にとってはありがたい話になるのでしょうが、普段の生活を送っている身としては、あまりにも混雑するのは困った話。
それでも日本経済のためと我慢は必要なのでしょうけれども。

中国語

ただ、訪日ラッシュとなっていても、実際には中国経済は崩壊に向かっているのかもしれません。
中国経済崩壊と謳っているのは、金融経済視線から指標を見ながら言っているだけですから。

日本のバブル崩壊のときはどうでしたか?
バブル崩壊の時期を明確に言える人はいないと思いますが、日経平均株価の天井は1989年12月29日の3万8957円44銭。
バブル崩壊のきっかけと言われる総量規制は1990年3月に、当時の日本の大蔵省から金融機関に対して行われた行政指導。1991年12月に解除されるまで約1年9ヶ月続きました。

しかし、バブル崩壊期間を調べると、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期となっており、全てにおいてタイムラグが生じているわけです。

 

「今日からバブル崩壊だよ!」と言うシグナルはない!!

明確な指標がない以上、警戒をしつつ対応策を考えておかねばならないのでしょうが、中国上海株価を眺めていても、怪しすぎる状態。
今後数十年、中国人による爆買いが続くかどうかとなれば疑問。
「今年が最後か?」という対応の仕方が必要なのでしょう。

春節だの国慶節だのに合わせた受け入れ体制を作れば、他の時期が大変なことになるのは目に見えているわけで、その辺のことも考慮しないと。

 

中国人による爆買いが続くのも長くて1~2年だと思いますけどね。
早ければ今回がピーク的な……
日本のバブル崩壊のタイムラグと似ていますから……

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

現金を持ち歩かない世界は、これまで以上に貨幣に対する知識を必要とする!?
社会的な空気に踊らされないために必要なモノを考える
普通の生活って、どんな生活?
所得格差を生む要因のひとつは、情報が買えるか否か?
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
NHK、水戸では勝っちゃったよ……
常識だとか普通だとかで幸せになれますか?
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
すべての道は「東京五輪」へと続く!
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
一人でもいたら「アウト!」なのだ
通貨の垂れ流しで失われたモノ
「権力」には魔物が棲んでいる!?

Menu

HOME

TOP