米大統領選挙と日経平均株価の動向

 

米国では大統領選挙が11月に控えており、これは世界中に影響を与える可能性の高い材料なのでしょう。
どちらが勝つのか?大統領となった場合の政策は?世界的な景気が不透明内な状況で金融政策は?
為替動向にも株式動向にもコモディティにも大きな影響を与えてくるのでしょう。

現状では民主党のクリントン氏が優勢と言われておりますが、共和党のトランプ氏もコアの支持者がいるようでネットでは優勢のようです。
どちらが大統領となるのか?は最後の最後までわからないことなのかもしれません。

今回は日経平均株価を考えておきます。現状のチャートの形から検証しておきます。
チャート分析ならば、クリントン氏が大統領になろうともトランプ氏が大統領になろうとも関係がありませんから。

日経週足

まずは日経平均株価の週足から。

2015/06の高値20952.71円を起点とした右肩下がりの状態であり、2016/02の安値14865.77円と2016/06の安値14864.01円をダブルボトムの形になってい模様。
ようは、右肩下がりのトレンドの中でダブルボトムの格好を作り出しているということ。
ダブルボトムの完成にはまだ足りておらず、2016/06の安値1484.01円を起点とした上昇トレンドと見た方が良いのかも知れない状態。
ダブルボトムが完成したときには、右肩下がりのトレンドの上限を上抜けする可能性があるため、注意をしておきたい。

 

日経日足

次に日経平均株価の日足。

16000円から17000円の保合いの形になっているようで、もう少し視野を広げると三角保合いの状態のよう。
保合いや三角保合いの形であることを確認できたならば、保合いを意識したポジション調整が必要だということなのでしょう。
基本的に抜けた方につくのが保合いのときの対処法。

日足・週足を見ていると、大統領選挙の結果で抜ける方向性が決まり、抜けたときには素直に対応することが望まれているように見えるチャートになっています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アベノミクスなどどうでもいい!?
女房を質に入れても売り叩く相場が……
自公民圧勝で買われるドルと日経平均株価。怖い時代へ本格突入か?
低所得者向け給付に、【お米】っていう選択肢はダメ?
26年ぶりの高値を付けた日経平均株価が目指している価格は?
誰のために東京五輪は開催をするのでしょう?
日経平均株価を分析してみた
消費税が上がろうが下がろうが、豊かな人生を歩んだ者勝ち!?
英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?
相場をやっていれば、マイナスだって計上するでしょ?
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?
スタートをするときに、出口を想定する
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
100円割れを見せてきた為替をどう読む?
2018年3月は株式市場に注目したほうが良いのでは?

Menu

HOME

TOP