米中間選挙……投票日が火曜日って……

「政治に興味があるのは暇人だけだ……」
誰が言ったのかは知りませんが、忙しければ興味を持とうにも持てないですからね。

そうなると、政治家は暇人に寄り添うようになっていく。
忙しい人は投票をしてくれないのですから、忙しい人に向かって政治をしても、自分の票に結びつかないですからね。

なんて国なんだ……と、思っていましたが、投票率の低さっていうのは日本だけの話ではないんですね。

2018年11月06日、米国では中間選挙が開催され、政治的にいろいろと言われているようですが、米国の投票率も非常に低いようです。
2014年のときの中間選挙の投票率が36%だというのですから、全有権者の1/3で議員を決めてしまっているということ。
これはこれで怖いけど、投票放棄をしちゃっているんだから仕方がない。
しかも他国のことをとやかく言う資格もないし。

どの国でも若者の政治離れが目立っているようで、投票を促す広告も出ているようです。

「若者は、投票しないで」米中間選挙で高齢者が呼びかける広告が話題

人間なんて天の邪鬼なところがありますから、「投票をするな!」と言われれば投票したくなる人が出てくるかも?(笑)

なんだかんだ言っても、米国の投票率の低さなんていうのは、そもそもの話として「火曜日」だってことじゃないですかね?
11月の第一火曜日が投票日だってのが、投票率の低さを物語っている部分もあるんじゃないかと。
もちろん、土曜日とか日曜日にしたからって、投票率が劇的に上昇するとは思えませんが、まずは、投票をしに動ける人が多いと思われる日を投票日にすればいいじゃん!って思うんです。

が、古い何かに取り憑かれているのも日本だけではなく、この「11月の第一火曜日」というルールも、150年以上昔のルールに従っているということですから、温故知新とは言うけれども、古いモノに取り憑かれたままだと、何かと不自由が生じてしまうんということがあるんでしょうね。

日本で起きていることって、日本独自のことじゃなく、何処の国でも多かれ少なかれ起きている現象なんですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

知ったら終いで、ドル円は円高に進む?
貨幣(お金)とは一体なんぞや?
奨学金 甘く厳しく 平等に
マイナス金利の活用方法!
データが溜まってフンヅマリ状態です
保育所が足りない、待機児童問題はこうやって解決してみては?
代理戦争で魔物退治ができるのか?
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……
【常識】って言ったもん勝ちなんじゃない?
通貨の垂れ流しで失われたモノ
詐欺に引っかかるのは年寄りばかりじゃない……
奨学金 借りて行くよな 大学か?
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
東京五輪不況がこないことを願うばかり……
メインにはなれない、セカンドオピニオン

Menu

HOME

TOP