相続対策で空室物件が増える!?

 

相続対策で高層マンションの最上階を購入したり、アパートやマンションを経営したりという方の話を結構耳にします。実際に「どういったものなのか?」というご相談も頂戴します。
それぞれの立場や背景などから考えて対応しないとならないとならないと思いますから、この件に関しては別の機会に譲るとして、こういう状況から「どんな状況になっているのか?」ということを考えると、「不動産業界はこの先どうなんだろう???」ということになってきます。

雨後の竹の子のように立ち並ぶ高層マンション。節税対策だとか相続対策ができるということがまかり通り、こぞってそちらに走ってしまえば、税務署が黙っているはずがないんですよね。
そして、新規にアパートやマンション経営をされるということは、それだけポコポコと立ち並ぶということで、部屋数が確実に増えているということ。

集合住宅

賃貸アパートや賃貸マンションの数が増えても、借り手が見合うだけ増えていれば問題ないのでしょうが、これから人口減少の予想があるのに借り手があるのでしょうか?

今回は借り手の立場からだけの見解です。相続対策だとかをしているのですから、賃貸マンションやら賃貸アパート経営をされる方は、それなりの知識もあるでしょうし、リスクを背負って下さい。

で、ポコポコ立ち並んでくれたならば、供給過剰となるわけです。供給過剰となると価格が下がらないと借り手が現れないということになるのかもしれません。
借り手の数が限られているのに、供給が増える一方ならば、価格を下げても借り手がいない状態になるかもしれませんが。

するとこの先、賃貸マンションや賃貸アパートの「賃料値下げ合戦」が出てくるのかもしれません。

ただ、これは新規契約からであって、現在の賃料が下がるということではないのでしょうね。契約期間がありますし、契約更新時に交渉と言っても簡単には下がらないと思いますけどね。
なので、引っ越しをすれば、安い賃料になる可能性がありますが、継続的な賃貸契約の中ではなかなか賃料が下がるということには繋がらないのかも?

移民の受け入れでもしない限りこの先起こり得る現象として考えられるのは、賃貸物件が過剰供給されるということになるのではないでしょうかね?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遺伝子差別がつきまとうオーダーメイド治療
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
交渉相手って、当事者だけではないと思うのだけれども
ノーベル賞ではない経済学賞
家は買うモノ?借りるモノ?
デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
究極の時短術!?
舛添都知事、経費削減が問題じゃないんですよ。
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
豊洲市場に移転し、築地も市場機能を残すということは、東京都中央卸売市場を増やしたということ
「保険の見直しだけをするな!」ってお話し
無駄な消費をしないための心得
景気が本当によくならない原因
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
リスク回避の一つの方法は?

Menu

HOME

TOP