生涯未婚率から考える、老後の生活

少子高齢化が何処でも叫ばれているようですが、「何でも調べているんだね?」ってモノが発表されています。

生涯未婚率の推移

厚生省が発表のモノによると、生涯未婚率というのは50歳まで一度も結婚をしたことのない人の割合を示すモノだということ。
この生涯未婚率が2015年に男性23・37%、女性14・06%になったということです。
データ元は厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の調査(PDFファイル)。

男性が4人に1人で女性が7人に1人の割合で結婚をしていない世の中だと言うこと。
結婚をしない理由はそれぞれでしょうが、事実としてこれだけの方々が結婚をしていないという現実ですから、少子化になっても仕方がないのかも。

結婚だけがすべてじゃないし、楽しく暮らせればそれでも良いとは思います。
「結婚は人生の墓場」などと言う言葉もあるくらいだから。
常識的な固定観念にとらわれず、自分の信念で生きる!これも良いと思っています。

問題があるとすれば老後。もちろん、未婚のまま子どもを作ることも可能ですし、親戚が近くにいれば問題ないのでしょうが、最近話題に登る孤独死などというモノもありますから、老後のことはきちんと考えておかないと。

老人ホームなどに入ってしまえば、何も心配ないでしょうけけど、老人ホームに入るのだってお金は必要。しっかりとした資金管理をして、老後を迎えた方が良いでしょう。
節約しろとか、生活設計をしっかりやれとかって話ではなく、ぼんやりとでもイメージしておくことは大切です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う
年金運用は-5.3兆円(2015年度)だけど、感情的に批判をしないことをオススメ
奨学金 借りて行くよな 大学か?
保険のプロって誰のこと?
同じことをやっても、結果は違ってくる件
「心がない」という言葉は……刺さるんです。
浪費と消費、ときどき投資
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
社会的な空気に踊らされないために必要なモノを考える
貯蓄の仕方は人それぞれ
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
政府が国民に無駄な浪費をさせる政策を打ち出せば、全てが丸く収まる!
アベノミクスなどどうでもいい!?
スタートをするときに、出口を想定する

Menu

HOME

TOP