無駄遣いが日本経済を救う!?

2019年10月に消費増税となります。
消費増税となれば、景気後退の可能性が高まることは、これまでの消費増税時期を見れば明らか。
だからと言って今回も景気後退となるとは言い切れないのが景気であり、未来のことなど神様でもなければ誰にも分かることではないのです。

景気後退とならぬよう政府はクレジットカードや電子マネーで決済の場合には、今回の消費増税2%分をポイントで還元としなんとか阻止をしようと躍起です。
これで景気後退が防げるかどうかはやってみないとわからないことではありますが、ある程度の効果があるかも知れません。

この政府のポイント還元で感心しているのは、現金ではポイント還元しないということ。
支払うときにこぞってクレジットカードや電子マネーとなるのですから、お金の流れが透明になってきます。
それでなくてもマイナンバーで紐づけされているのですから、よりお金の流れが鮮明となって、政府にとっては願ったり叶ったり。

それと大きいと思うのが、小銭が流通しない状態にならないということ。
一時流行った500円玉貯金とか100円玉貯金に小銭が回らず、現金が手元に来ない状態になればお金が滞ること無く流通する。
これは経済にとって大きなことだと思われます。

ようは、無駄遣いが経済を救うのです!

コツコツとお金を貯めても墓場まで持って行けません。
有効かつ大胆につかってこそお金。
よく考えてみて下さい。
水は流れているから綺麗であって、溜池の水は淀んでしまいます。
お金も一緒です。
ガッツリと使うときは使うことが、お金にとっても有効だし、日本経済にとってもありがたいことなのです。

とは言うものの、仕事の性質上、ご相談に来られた方には、貯蓄のあれこれをご説明させて頂きます(笑)
お客様が求めているモノを提供するのが仕事であって、お客様が求めていないモノを提供するのは嫌がらせに過ぎません。

たぶん、今回は消費増税の延期はないでしょう。
消費増税に対しての対策。
各人で検討しておいたほうが良いと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

豊洲市場移設は東京五輪ありきで片付けられてしまうのか?
スタートをするときに、出口を想定する
離婚の原因は……結婚をしたから!
日本国債が暴落し、日本が破綻する日
「YouTuberになりたい!」って、考えてみれば……
大量生産・大量消費に一石を投じるスウェーデン
都知事報酬半分の小池百合子新都知事の意図するところは?
ストレス溜めずに、銭貯めて!
富裕層にはお金を使ってもらうしかないです
「風が吹けば桶屋が儲かる」ならば「原油価格が下落」すると???
消費税10%へ、非常に良い策だけど……どうなんでしょう?
日本でテロが起きたら、保険金の支払いは?
アベノミクスなどどうでもいい!?
購入?レンタル?
消費者の感覚として、これだけは知っておきたいと思う件

Menu

HOME

TOP