火種はトランプ発言だけではない!英国だってこの先わからない……

 

連日トランプ米大統領が暴れまわっている印象ですが、トランプ米大統領の発言でマーケットも一喜一憂。
ありがたいやら、はた迷惑なことこの上ない状態だわ……

トランプ米大統領の発言は、非常に目立っておりますが、マーケットはこれだけで動いているわけではありません。
トランプ米大統領の発言だけで動いている方が恐ろしいと言えば恐ろしいことです。

他に目立った材料となれば、英国のEU離脱。
最高裁判決で議会の承認がなければ、離脱手続きができないと言うことになりました。
議会の承認も得られるようですから、英国はめでたく?EUから離脱です。

しかし、ここで火種が存在します。英国と言っても正式には「the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」であり日本語では「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。
通称UKであり、連合王国なのです。

今回の最高裁判決では「北アイルランド、スコットランドならびにウエールズから同意を得る必要がない」となっており、連合国でありながら、他の国々を無視して英国はEUから離脱するということなのです。

スコットランドを同等に扱っていない!と騒ぐのも当然。「独立住民投票が再度実施される見込みが強まったと表明」している状態で、大きな火種になっております。
スコットランドでは昨年の国民投票でEU残留派が離脱派を上回っている状態で、独立されたときには英国にとってのダメージは非常にデカイわけです。

米大統領があんな調子で、EU圏も火種を抱えっぱなし。主要通貨だと残る日本は?となれば、相変わらずの状態。
金融不安定は続くようですから、マーケットの変則的な値動きも考えておく必要があるのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

NYダウが史上初の20000ドル乗せ!アベノミクスに似てないですか?
小市民として、ATM手数料を払わないわずかながらの抵抗!
東京五輪を開催しなければ、私立高の無償化は簡単だよ
トランプ相場という言葉に踊らされ続ける?
米大統領選直前、株価の動向は?
年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
モトから叩いて改善しましょ!
糖質制限はダイエットだけではない!ガンも治る!?
築地市場移転問題は豊洲市場の土壌汚染が問題ではなかった!?
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
相続対策で空室物件が増える!?
支援はできることを考えてから行いましょ!
家は買うモノ?借りるモノ?
迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?

Menu

HOME

TOP