火種はトランプ発言だけではない!英国だってこの先わからない……

 

連日トランプ米大統領が暴れまわっている印象ですが、トランプ米大統領の発言でマーケットも一喜一憂。
ありがたいやら、はた迷惑なことこの上ない状態だわ……

トランプ米大統領の発言は、非常に目立っておりますが、マーケットはこれだけで動いているわけではありません。
トランプ米大統領の発言だけで動いている方が恐ろしいと言えば恐ろしいことです。

他に目立った材料となれば、英国のEU離脱。
最高裁判決で議会の承認がなければ、離脱手続きができないと言うことになりました。
議会の承認も得られるようですから、英国はめでたく?EUから離脱です。

しかし、ここで火種が存在します。英国と言っても正式には「the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」であり日本語では「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。
通称UKであり、連合王国なのです。

今回の最高裁判決では「北アイルランド、スコットランドならびにウエールズから同意を得る必要がない」となっており、連合国でありながら、他の国々を無視して英国はEUから離脱するということなのです。

スコットランドを同等に扱っていない!と騒ぐのも当然。「独立住民投票が再度実施される見込みが強まったと表明」している状態で、大きな火種になっております。
スコットランドでは昨年の国民投票でEU残留派が離脱派を上回っている状態で、独立されたときには英国にとってのダメージは非常にデカイわけです。

米大統領があんな調子で、EU圏も火種を抱えっぱなし。主要通貨だと残る日本は?となれば、相変わらずの状態。
金融不安定は続くようですから、マーケットの変則的な値動きも考えておく必要があるのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

景気を浮上させるには、相続税に手を入れるしか無いか?
日経平均株価を分析してみた
英国のEU離脱は、世界恐慌へのトリガーとなる!?
ドル円は何処まで?目標値を検証
今はなくても困らないけど、今後は必須になるかもしれないデビットカード
本当に節約?それって無駄じゃない???
「~しなければならない」と考えるよりも……
誰もが予測できないことが起こるのが相場・マーケットだという件
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
個人型確定拠出年金(iDeco)はどんな人向け?
WTI原油が12年ぶりの安値
デパートの友の会が流行っているようだけど……
青森県で高卒で就職すると、65歳で住宅ローンを完済し、世帯貯蓄が2464万円となる件
ポケモンGOが人を集めてくれているのだから、行政はうまく利用しようよ
メインにはなれない、セカンドオピニオン

Menu

HOME

TOP