火種はトランプ発言だけではない!英国だってこの先わからない……

 

連日トランプ米大統領が暴れまわっている印象ですが、トランプ米大統領の発言でマーケットも一喜一憂。
ありがたいやら、はた迷惑なことこの上ない状態だわ……

トランプ米大統領の発言は、非常に目立っておりますが、マーケットはこれだけで動いているわけではありません。
トランプ米大統領の発言だけで動いている方が恐ろしいと言えば恐ろしいことです。

他に目立った材料となれば、英国のEU離脱。
最高裁判決で議会の承認がなければ、離脱手続きができないと言うことになりました。
議会の承認も得られるようですから、英国はめでたく?EUから離脱です。

しかし、ここで火種が存在します。英国と言っても正式には「the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」であり日本語では「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。
通称UKであり、連合王国なのです。

今回の最高裁判決では「北アイルランド、スコットランドならびにウエールズから同意を得る必要がない」となっており、連合国でありながら、他の国々を無視して英国はEUから離脱するということなのです。

スコットランドを同等に扱っていない!と騒ぐのも当然。「独立住民投票が再度実施される見込みが強まったと表明」している状態で、大きな火種になっております。
スコットランドでは昨年の国民投票でEU残留派が離脱派を上回っている状態で、独立されたときには英国にとってのダメージは非常にデカイわけです。

米大統領があんな調子で、EU圏も火種を抱えっぱなし。主要通貨だと残る日本は?となれば、相変わらずの状態。
金融不安定は続くようですから、マーケットの変則的な値動きも考えておく必要があるのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

仮想通貨の流れは止められない?
仮想通貨が暴落!売りが売りを呼ぶ展開
禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
もやし業者が悲鳴をあげているようです。が、何故、価格をあげないのか?
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
TPP離脱の大統領令に署名したトランプ米大統領の本気度と覚悟
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
奨学金 甘く厳しく 平等に
保険が必要かどうかを考える前に考えておきたいこと
ドル高円安になるためには●●●●待ち
抜けた方に付いて行くことが基本
追加緩和の噂が出てきたけど……そもそもマズくない?
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
NHK、水戸では勝っちゃったよ……
NYダウが史上初の20000ドル乗せ!アベノミクスに似てないですか?

Menu

HOME

TOP