消費税10%にはならない!?

もうすぐ消費税が10%に引き上げられる予定の日本
予定通りに10%へと増税ができるのか?

期間限定で2%のポイントをつけて、キャッシュレス化と同時に消費税10%へ向かって推し進めているものの、消費税10%への道程は険しい模様

衆議院補欠選挙で自民党が惨敗
「消費税10%」が少なからず影響をしているようであり、このまま夏の参議院選挙に突入をすれば、自民党の惨敗は見えている状態?

ならば「消費増税」を大義名分にした衆参ダブル選挙で、消費税10%を実行しないと言うことになるのかも?

この辺までは、ありきたりの感じになるのでしょうが、「リーマンショック級の経済危機がやってきたときには、消費増税はしない」と言っていますから、「リーマンショック級の危機」が待っているのか?その辺を考えてみると、何のことはない、いつ発覚しても問題のない「中国国債」という爆弾を世界中は抱えていることになると思うんです

2019年度中に中国国債は日本国債の発行高を抜くと言われていますが、誰が買っているんでしょうか?
海外勢が買っているというニュースもありますが、本当かどうか疑わしいもんです
自国で刷って自国で買って……まるで、日本のようなことを中国がやっているのでしたら、それはそれは大変危険な状況なんでしょう

日本国債をやり玉にあげているのだから、中国国債だって大変な話に当然
しかも、わけのわからない共産国の経済力に頼って世界経済が回っているのですから、何処かで歪みが爆発する恐れが……

ギリシャ危機だって、内部告発的に言ってしまったからギリシャ危機になったのですから、中国だって内部告発的なことが起きなけれりゃ問題ないってことですかね?

非常に不思議ではないですか?
経済が低迷気味に……なんてなれば、すぐに経済のテコ入れをしてくる中国の財源って

中国がテコ入れをして株式市場が上昇しているなんてことを聞きますが、中国のテコ入れって湯水の如く湧いている紙幣を元にしているわけで、中国元を信用しているとうことに

誰も中国元を信用などしていないと思いますが、結果的に中国元を信用していることは見て見ぬふり
怖いですねぇ~

リーマンショック級の事が起きなくとも「中国国債の発行残高が世界経済にもたらす影響を考えれば、リーマンショックの比ではない」と言ってしまえば、消費税10%なんてする必要がなくなります(笑)

消費税10%の時代、果たして日本にやってくるのでしょうか?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日経平均株価を分析してみた
年金運用が大失敗だって、ホント?
景気を浮上させるには、相続税に手を入れるしか無いか?
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
日経平均株価が上昇しているのだから、年金運用だって相当良くなっているはず!
ソフトバンクのiPhone5sがようやく格安スマホで使える!(訂正)
株式市場はバブルなのか?
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
消費者の感覚として、これだけは知っておきたいと思う件
お金持ちになりたくて、お金持ちの真似をする……という件
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
国民皆年金と年金保険は、どちらがお得?
お金で防げる不幸(自動車事故)
精神的疾患を抱える学校の先生たち……
奨学金 借りて行くよな 大学か?

Menu

HOME

TOP