浪費と消費、ときどき投資

難しい話です。意識をしないとなかなかできないこと。それでも丁寧に考えたほうが良いだろうと思うのが、お金の使い方。
お金を使うという行為は一緒なのですが、意識の問題なんです。意識の中で「浪費」と「消費」と「投資」を常に考えてお金を使うこと。これをやるだけでだいぶ変わってきます。

何でも良いです。お金を使うときに「これは浪費?それとも消費?それとも投資になる?」と常に考える。そうやってお金を使って行くと、なぜだか「浪費」が減るんです。
浪費というだけあって、とにかく無駄なのが浪費。この浪費が減るだけで、家計って激変してきます。

そして、固定費だと考えていた毎月一定の支出。この中にも「浪費」が存在していることに気が付きます。気がつけば浪費の割合を減らせば、それだけで節約になるのです。
別に難しいことをする必要はありません。お金を使うときに、浪費なのか?それとも消費なのか?それとも投資なのか?常に考えて支出をすれば良いのです。

もちろん、浪費を絶対にするな!と言うことではありません。浪費の割合を減らしましょ!って話です。浪費をなくしてしまうと、遊び心を失うこともあるでしょうから、遊び心を失わない程度に浪費をなくしましょってことです。

人それぞれ考え方が違うように、必要としているモノも違います。ですから価値観が違うので、浪費と消費の境界線が曖昧です。ですからここでは具体的なことは申しません。まずは自分の中で「浪費だ……」と自覚できるモノを減らす。そういう意識が必要なのです。

そして、その次に客観的に他人にみてもらって、浪費を削る。今風に言えば「浪費を排除する」行為をすれば、あなたの家計はガラッと変わってくるのでしょう。
そして、そして、投資に目を向ければ、老後資金にも不安はなくなってくるわけです。

まずは、「浪費の排除」これからです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

政府が国民に無駄な浪費をさせる政策を打ち出せば、全てが丸く収まる!
生涯未婚率から考える、老後の生活
「常識」や「平均値」をライフプランに求めて、あなたは「常識人」や「平均的な人」になりたいのですか?
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
情報を都合良く考えるのは、小説の世界だけにしておく
貯蓄の仕方は人それぞれ
かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!
住宅ローン、もう一度ここを考えて
ビットコイン 何故か今頃 ビッときた!!
教育費のイメージは、あなたにとって有効なイメージですか?
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
お得感を求めて損をする
無駄遣いをしながら貯蓄をするには?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?

Menu

HOME

TOP