浪費と消費、ときどき投資

難しい話です。意識をしないとなかなかできないこと。それでも丁寧に考えたほうが良いだろうと思うのが、お金の使い方。
お金を使うという行為は一緒なのですが、意識の問題なんです。意識の中で「浪費」と「消費」と「投資」を常に考えてお金を使うこと。これをやるだけでだいぶ変わってきます。

何でも良いです。お金を使うときに「これは浪費?それとも消費?それとも投資になる?」と常に考える。そうやってお金を使って行くと、なぜだか「浪費」が減るんです。
浪費というだけあって、とにかく無駄なのが浪費。この浪費が減るだけで、家計って激変してきます。

そして、固定費だと考えていた毎月一定の支出。この中にも「浪費」が存在していることに気が付きます。気がつけば浪費の割合を減らせば、それだけで節約になるのです。
別に難しいことをする必要はありません。お金を使うときに、浪費なのか?それとも消費なのか?それとも投資なのか?常に考えて支出をすれば良いのです。

もちろん、浪費を絶対にするな!と言うことではありません。浪費の割合を減らしましょ!って話です。浪費をなくしてしまうと、遊び心を失うこともあるでしょうから、遊び心を失わない程度に浪費をなくしましょってことです。

人それぞれ考え方が違うように、必要としているモノも違います。ですから価値観が違うので、浪費と消費の境界線が曖昧です。ですからここでは具体的なことは申しません。まずは自分の中で「浪費だ……」と自覚できるモノを減らす。そういう意識が必要なのです。

そして、その次に客観的に他人にみてもらって、浪費を削る。今風に言えば「浪費を排除する」行為をすれば、あなたの家計はガラッと変わってくるのでしょう。
そして、そして、投資に目を向ければ、老後資金にも不安はなくなってくるわけです。

まずは、「浪費の排除」これからです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「仮想通貨は安全か否か?」と聞かれるけど、真裏にはどんな言葉が含まれているの?
保険のプロって誰のこと?
投資を始めるときの第一歩
2018年3月は株式市場に注目したほうが良いのでは?
貯蓄増!? スマホ見直し 苦労増……
教育費のイメージは、あなたにとって有効なイメージですか?
信用もお金も貯めるのは難しく、失うのは一瞬
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
お得感を求めて損をする
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
貯蓄ができなくても悩む必要なし!何故ならば……本文を読め!!(笑)
正当化される目的がないと、ジャック・バウアーだってただの殺人鬼
あなたは保険商品を自分で選んで購入していますか?それとも言われるがままに買わされている?
世界同時株安で年金積立金管理運用独立行政法人の運用成績はどうなる?
住宅ローン、もう一度ここを考えて

Menu

HOME

TOP