浪費と消費、ときどき投資

難しい話です。意識をしないとなかなかできないこと。それでも丁寧に考えたほうが良いだろうと思うのが、お金の使い方。
お金を使うという行為は一緒なのですが、意識の問題なんです。意識の中で「浪費」と「消費」と「投資」を常に考えてお金を使うこと。これをやるだけでだいぶ変わってきます。

何でも良いです。お金を使うときに「これは浪費?それとも消費?それとも投資になる?」と常に考える。そうやってお金を使って行くと、なぜだか「浪費」が減るんです。
浪費というだけあって、とにかく無駄なのが浪費。この浪費が減るだけで、家計って激変してきます。

そして、固定費だと考えていた毎月一定の支出。この中にも「浪費」が存在していることに気が付きます。気がつけば浪費の割合を減らせば、それだけで節約になるのです。
別に難しいことをする必要はありません。お金を使うときに、浪費なのか?それとも消費なのか?それとも投資なのか?常に考えて支出をすれば良いのです。

もちろん、浪費を絶対にするな!と言うことではありません。浪費の割合を減らしましょ!って話です。浪費をなくしてしまうと、遊び心を失うこともあるでしょうから、遊び心を失わない程度に浪費をなくしましょってことです。

人それぞれ考え方が違うように、必要としているモノも違います。ですから価値観が違うので、浪費と消費の境界線が曖昧です。ですからここでは具体的なことは申しません。まずは自分の中で「浪費だ……」と自覚できるモノを減らす。そういう意識が必要なのです。

そして、その次に客観的に他人にみてもらって、浪費を削る。今風に言えば「浪費を排除する」行為をすれば、あなたの家計はガラッと変わってくるのでしょう。
そして、そして、投資に目を向ければ、老後資金にも不安はなくなってくるわけです。

まずは、「浪費の排除」これからです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

老後資金に不安があるのならば、これに投資をしておきたい
そもそも保険はギャンブルです
貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い
「どうせ貰えないから……」という方が減っている?年金納付率が上昇している現実
年金受給資格が25年から10年に短縮!これは何の問題解決になっているの?
借金をした時点で、破産への1アウト!
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
給付型奨学金が目指しているのは何処?
生命保険って「博打」と変わらないでしょ?って件
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
国民年金だけに頼らないために必要なモノとは?
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……

Menu

HOME

TOP