株式市場はバブルなのか?

世界的に株価が上昇しているようで、NYダウなどは史上最高値を連日更新している状態。
トランプ政権云々でいろいろと言われておりますが、経済にとっては最高の大統領と言うことなのでしょう。

そして日本も連日の高値追い。
日本にはバブルという時代がありましたから、そこには届いてはいませんが、それでも09/08の安値19239.52円からでも2000円程度の上昇ですし、4月の安値18224.68円からだと3000円程度の上昇を見せているのですからたいしたものです。

ただ、これだけの上昇を見せてくると、「バブルだ!」だとか、「そろそろ下げるんじゃないの?」という声が聞こえてきます。
あくまでも個人的にですが、バブルというのは株を買って、その株を担保に金を借りてまた買う。これを何度か繰り返している状態だとバブルの前兆だと思うんです。

例えば、1000万円で株を買ったとします。それが500万円になっても半分損するだけの話。リスクを背負っての取引は当然でしょうから、半分になっても文句は言えないでしょうし、半分になっても誰にも迷惑をかけません。

一方で、1000万円で株を買ったとします。その株を担保に1000万円借りまた株を買う。またその株を担保に1000万円借りて株を買う。もう一回株を担保に1000万円を借りて株を買ったところで、半分になってしまうとどうなりますか?
現在の資産を考えてみると、1000万円の元手が借り入れ金3000万円と合わせて4000万円になり、それが株に変わっています。
4000万円分の株式と3000万円の借金があるわけです。
その時点で株価が半分になると、株式の価値は2000万円になり、借金は3000万円。株式を全部売却して借金を返しても1000万円が足です。
これが株式だけではなく不動産なども含めて行われている方々が大勢いるとバブルになるわけで、今時、こんなことを行っている方がたくさんいるかどうか?

バブルのときは、株を買えと金を貸し、ゴルフ会員権を買えと金を貸し、不動産を買えと金を貸していた時代。しかも担保以上の資金を貸していたのですから、何処かの市場が天井となれば全体がガラガラポンっ!となってしまったのでしょう。

ですから、今の株式市場をバブルだとは言えないのではないか?と思っています。もちろん、上昇している相場は下げないとならないし、上昇するためにも下げないことには上昇も難しくなるでしょうから、何処かで下げてくるのでしょうけどね。

もし、今週いっぱい確りした値動きを繰り返したときには、来週からは注意が必要かと思っています。
週足まで買われ過ぎの状態へ突入となれば、流石に調整を入れてくるのではないでしょうか?
仮に調整を入れたとしても、バブルではない状況で、何らかの下げる大きな材料が出てこなければ、一定の期間を経て、また上昇に転ずるのでは?
そのときになってみないと分かりませんけどもね!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

本当に節約?それって無駄じゃない???
東京23区で唯一人口が減少している区があった!
東芝も大き過ぎて潰せない?東証はどうするんだろう???
日経平均株価は何処まで上昇する?
常識が非常識になるのがマーケット
マイナス金利の日本円が売られ、利上げをする米ドルが売られる理由
保合い状態の日経平均株価、今後の展開をチャート分析
日経平均株価の注目点
貯蓄の仕方は人それぞれ
利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
落ちてくるナイフはつかむな
他人様はあなたに興味がない!
貨幣(お金)とは一体なんぞや?
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?

Menu

HOME

TOP