東芝も大き過ぎて潰せない?東証はどうするんだろう???

良いとか悪いとかそういうことではなく、一体全体どういうことなのだろう?という感じ。東芝の決算が遅れており、ようやく発表となれば監査法人の承認を受けないまま公表。

まず、監査法人が結論の不表明のままでもいいんだ……と言うこと。良くないとは思うんですが、これでも上場廃止にはならないってことなんでしょう。
これで上場廃止にならなければ、他の企業も面倒だから監査法人の結論表明を受けなくても良いんじゃない?ってことになりかねないのかなぁと。

東証は難しい結論を迫られているのかもしれません。もし、上場廃止にしてしまえば、14万人と言われている社員、及びその家族、そして東芝の取引会社、そして、銀行や信金など、各方面に大きな影響を出してしまう。
従業員とその家族や取引会社などの人数を合わせれば、どのくらいの人数になるのか?見当もつかない。

かと言って、投資家保護の観点から、一部上場の企業が意見不表明を喰らっても、なお一部上場銘柄として君臨できるのか?させても良いのかって話。
海外の投資家から観たらどうなんでしょうかね?
(東芝株価の画像はYahooファイナンスから引用)

しかし、米国だってリーマン・ブラザーズは潰しましたが、AIGは救ったわけで、「大き過ぎて潰せない」という、分かるようで訳の分からない理論がまかり通っているわけで、大きければ何をやっても潰されないという、紳士協定みたいなモノが存在していると言うことなのかもしれません。

ならば、何処から「大きい」のかを明確に表示してもらいたいものです。そうすれば投資家だって、絶対に潰されない企業として投資をするでしょうし……。

別に東芝を潰せと言っているわけでもなく、特例を出すのならば特例の定義を明確な数字で表現してもらいたく、ルールを変更するのならば、ルールの変更を明確に宣言してもらいたいだけ。
誰かの気分だけでルールが勝手に変わってしまうのならば、それはルールではなくガイドライン。

もちろん、東証は株式会社ですから、勝手にルールを変更しようが何をやろうが大きなお世話なんでしょうけどね(笑)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ピロリ菌の除菌成功!も……
常識をあざ笑う非常識!
デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
まわしモンっぽいケド、まわしモンじゃないよ!
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
株式市場はバブルなのか?
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
例えば、保険を購入しない!
期間限定のサマータイム導入なんて、迷惑しかないんじゃないの?
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
トランプ次期大統領が就任したら、すぐに弾劾裁判ってのもあり?
舛添都知事、経費削減が問題じゃないんですよ。
二重国籍問題を穏便に解決するには?

Menu

HOME

TOP