東日本大震災以来のインパクト

 

いい夫婦の日である2016/11/22午前5時59分頃、福島県で震度5弱を観測する地震が発生。
津波警報や津波注意報が発令される状態になりました。

福島第2原発冷却機能が自動停止。1時間半後には回復したようですが、ニュースが流れたときには、悪夢が再び……と緊張が走りました。

今回の地震は、東日本大震災の余震だということで5年も経過しての余震もあるということを教えてくれました。
それにしても色んな意味で、インパクトのある地震でした。

この地震という一連の流れの中での出来事で、東日本大震災以降も地震というモノはあったのですが、東日本大震災のときと同じ現象が今回発生しました。それは……
「ドル安円高に動いた」
と、言うことです。東日本大震災発生から、ドル安円高に動いていた為替。そして地震が起きる度に、ドル安円高に動いていたわけですが、いつの日にはそのような値動きは忘れていたのですが、5年の月日が流れた状況で、「地震で為替がドル安円高に動いた」という現象を見せてきました。

ドル円4時間足

もちろん、地震だけで為替がドル安円高に動いてきたということでもないと思います。米大統領選以降ドル高円安気味に動いていた流れからすると、調整が入ってもおかしくはない状況だったのでしょうから、地震が調整に入るキッカケになったのかもしれません。

チャートの形から判断しても、4時間足の形は少々買われ過ぎ。
相対力指数も無理をして上昇している感がありましたから、地震はあくまでも調整のキッカケだったのかもしれません。キッカケだったのかもしれませんが、地震を堺にドル安円高方向に調整に入っているのは事実。それだけ今回の地震は、東日本大震災以来のインパクトを与えたということになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

貯蓄のできる人と貯蓄のできない人のたった1つの違い
お金持ちになりたくて、お金持ちの真似をする……という件
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
宝くじの収益金を東京五輪の運営費に……何処が犠牲になるのだろう?
普通の生活って、どんな生活?
投資は「面倒」「怖い」「煩わしい」けど、興味だけはあるあなたへ!
迷子の子どもを見かけたら、あなたならどうしますか?
景気は可処分所得がモノを言う!?
使い方ひとつで、悪に変化するモノ
豊洲市場に移転し、築地も市場機能を残すということは、東京都中央卸売市場を増やしたということ
給付型奨学金が目指しているのは何処?
マイナス金利に救世主が現れる!?
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
極端な方向に振れる民意って怖くない?
プレミアムフライデーは普及できるか?

Menu

HOME

TOP