東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ

03月11日は、東日本に住む方々にとっては、忘れられない日。
東日本大震災から5年の月日が流れておりますが、今なお、仮設住宅で暮らす方々が17万人もいらっしゃるのが現状。
こういう現状をみれば、浮かれている場合じゃないんでしょうが、下ばかり見ていても楽しい人生を過ごすことはできず。
かと言って、こういう事態がいつまた襲ってくるかも知れず、何もせずに過ごしていたのでは、犠牲となった方々に申し訳ない。
楽しい人生を送るためには、過去から学ぶことはたくさんあるのでしょう。

安心

大切なことはリスクヘッジ。
保険などはリスクヘッジということではもてはやされますが、生命保険にしても地震保険にしても、システムが崩壊しないことが大前提。
東京直下型の地震でも起きて、東京を津波が丸呑みしてしまったら、何も無くなってしまうということ。
こんなことを言ってしまえば、何も対策が取れないということになってしまいますが、東日本大震災級の震災が東京を襲えば、何らかの対策をしていても無意味なのかもしれません。
だから、保険などを購入するな!ということではありません。
出来る限りの、そして、想定できる範囲内の対策は取っておいたほうが無難なのでしょう。

切り離したくても切り離せない金融経済。
リスクヘッジをする場など、金融市場にしかなく、もし、過去の教訓を活かしリスクヘッジを考えるのならば、金融経済を理解しておかないとならないのかもしれません。

ワケがわからないから、資産運用は無視するとか、損は嫌だから投資などしないという考え方も結構なのですが、リスクヘッジの出来る場は、金融市場にしか無いと思われ、金融市場を理解することが、リスクヘッジへの近道なのかもしれません。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ものすごく可哀想だと思うのは……
詐欺に引っかかるのは年寄りばかりじゃない……
貯めるのは難しくても、簡単に使えるのがお金
女房を質に入れても売り叩く相場が……
平均寿命が80歳オーバーと言っても、平均余命は?
大量生産・大量消費に一石を投じるスウェーデン
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
貯蓄の仕方は人それぞれ
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
不透明な市場環境だと感じたときには
老後のための資産運用って必要あるの?
別の道を歩むのも、それまた人生ってやつでしょう
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
日銀がこんなにお金を刷っても平気なら、国家予算なんていくらでもいいじゃん!って件

Menu

HOME

TOP