東日本大震災から5年……だから考えるリスクヘッジ

03月11日は、東日本に住む方々にとっては、忘れられない日。
東日本大震災から5年の月日が流れておりますが、今なお、仮設住宅で暮らす方々が17万人もいらっしゃるのが現状。
こういう現状をみれば、浮かれている場合じゃないんでしょうが、下ばかり見ていても楽しい人生を過ごすことはできず。
かと言って、こういう事態がいつまた襲ってくるかも知れず、何もせずに過ごしていたのでは、犠牲となった方々に申し訳ない。
楽しい人生を送るためには、過去から学ぶことはたくさんあるのでしょう。

安心

大切なことはリスクヘッジ。
保険などはリスクヘッジということではもてはやされますが、生命保険にしても地震保険にしても、システムが崩壊しないことが大前提。
東京直下型の地震でも起きて、東京を津波が丸呑みしてしまったら、何も無くなってしまうということ。
こんなことを言ってしまえば、何も対策が取れないということになってしまいますが、東日本大震災級の震災が東京を襲えば、何らかの対策をしていても無意味なのかもしれません。
だから、保険などを購入するな!ということではありません。
出来る限りの、そして、想定できる範囲内の対策は取っておいたほうが無難なのでしょう。

切り離したくても切り離せない金融経済。
リスクヘッジをする場など、金融市場にしかなく、もし、過去の教訓を活かしリスクヘッジを考えるのならば、金融経済を理解しておかないとならないのかもしれません。

ワケがわからないから、資産運用は無視するとか、損は嫌だから投資などしないという考え方も結構なのですが、リスクヘッジの出来る場は、金融市場にしか無いと思われ、金融市場を理解することが、リスクヘッジへの近道なのかもしれません。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リスク回避の一つの方法は?
裏口入学は感情論的には問題でも、本当に問題なのは贈収賄
今の政治が贈る最大のメッセージは……
解散総選挙に「大義」など必要ない!?
貯金ができないときに必要なモノとは?
noimage
母さん、日本は「おもてなし」と「おもねる」を履き違えていませんか?
お金持ちになりたくて、お金持ちの真似をする……という件
いつから熱中症と呼ぶようになった?日射病と熱射病と熱中症の違い
常識をあざ笑う非常識!
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
SoftBankさん、最悪な契約でしたよ……
日経平均株価が上昇しているのだから、年金運用だって相当良くなっているはず!
何ゆえのビットコイン?
マイナス金利の活用方法!

Menu

HOME

TOP