映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと

マネー・ショート 華麗なる大逆転を観てきた。原作を読んでいないので、純粋に映画として観てきた。
まぁ、若干でも金融業界に身を置く人間ならば、観ておいても損はないと思うけれども、難癖をつければ、ショートポジションは持っちゃいない!
ロングポジションしか持っていないのに、空売りって……

空売りはあくまでも空売りであり、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を買っているのだから、擬似空売りって感じ(笑)

まぁ、リーマン・ブラザーズだって、潰れちゃいないけどAIGなんかも散々CDSを売りまくって酷い目にあったんだから、CDSを買いまくって擬似空売りをした投資家の勝ちってことに変わりはないけど。

こんな細かいことは、どうでもよくて、最後のテロップで「bloombergによると、2015年に銀行が凝りもせず新たなハイリスクデリバティブ商品の販売を始めた」という感じのモノが流れた。
この商品が気になって仕方がない……。

ハイイールド債のことかな?と思ったものの、2015年に販売を始めたわけでもなく、これではない模様。

もちろん、検索を散々かけたのだけれども、まったくそれらしいモノは出てこない。
どれもこれも時期的なものが一致しない……。

たぶん、これらのケツも、税金で救うハメになるんでしょう。
そうしないとならないから……。

でも、金融派生商品と言われるデリバティブ商品。
これらが根源でしょ?
金融工学を駆使して編み出されたとか言われているモノもありますけど、時限爆弾でキャッチボールをしているようなもの。

爆発してキャッチボールをしている連中と投資家だけが被害を被るのならば、プレイヤー同士なのだから仕方がないけど、全く関係のない人たちまで巻き込んで危険なことをやり続けるなんて、核兵器のキャッチボールだよね?

金融業界の人たちは、それが仕事だからやるんでしょうけど、全く関係のない他人に迷惑をかけないようにできないものですかね?
できないのならば、こういう商品に規制を入れるべき何じゃないですかね?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「死後離婚」という言葉を受けての誓い
ライフプランは、保険の見直しと一緒に、スマホの見直し
国民年金だけに頼らないために必要なモノとは?
日経平均株価が上昇しているのだから、年金運用だって相当良くなっているはず!
普通に考えれば、広がらないサービスなんじゃないの?
仮想通貨の流れは止められない?
何故に流行らない?時代は【デビットカード】
投資した 気付かぬ内に 凍死した
「思うように貯蓄ができない……」と嘆いているあなたへ!
我々日本人が英国と同じ過ちを犯さないためにやるべきこと
宝くじ2000枚を寄付するって……
都内のタクシー初乗り「410円」は実質値上げ!
すべての道は「東京五輪」へと続く!
消費者の感覚として、これだけは知っておきたいと思う件
リベラルはリベラルであってliberalではない

Menu

HOME

TOP