日経平均株価の注目点

困ったときの相場頼み。
ネタに行き詰まれば、とりあえず相場の検証をしておけば、なんとなかなる(笑)

今回は日経平均株価の日足で少し検証。
ローソク足に一目均衡表を重ねたチャートにて。

06月08日にはイギリスの総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官証言があり、株価だってそれぞれの材料で動きそうではあります。
個人的にこのチャートを眺めて、弱気をするだけの根拠が見当たらない。
弱気をする根拠がなければ強気をするしかないと思う次第。

転換線に支えられている実線。
支えられているのだから強い相場のまま、そういう解釈。

しかし、06月08日に下向きになったとすれば、東京時間の06月09日の相場に影響を出してくるわけで、そのときの遅行線は実線とデッドクロスしやすい状況であると言うことが、チャートを眺めていると判断できると思います。

よって、実線が転換線とデッドクロスをしてきたときには、1度要注意と言えるそんなチャートになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

中国上海株式暴落!底なし沼?(笑)
景気は可処分所得がモノを言う!?
TPP離脱の大統領令に署名したトランプ米大統領の本気度と覚悟
公的年金、過去最高収益を出しているのですから、みんなで感謝しましょ!
モトから叩いて改善しましょ!
日経平均株価が下がって年金がどうなるんだ!?と騒いでいた方々へ
貯蓄の仕方は人それぞれ
カジノの何処がイケナイの?リスクを取らなければ、リターンはないという件
円キャリートレードの復活!?
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
サブリース詐欺!?甘い言葉の裏側には……
何故、借金王国日本円が買われて、ドル安円高になるの?
不透明な市場環境だと感じたときには
火種はトランプ発言だけではない!英国だってこの先わからない……
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?

Menu

HOME

TOP