日経平均株価の注目点

困ったときの相場頼み。
ネタに行き詰まれば、とりあえず相場の検証をしておけば、なんとなかなる(笑)

今回は日経平均株価の日足で少し検証。
ローソク足に一目均衡表を重ねたチャートにて。

06月08日にはイギリスの総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官証言があり、株価だってそれぞれの材料で動きそうではあります。
個人的にこのチャートを眺めて、弱気をするだけの根拠が見当たらない。
弱気をする根拠がなければ強気をするしかないと思う次第。

転換線に支えられている実線。
支えられているのだから強い相場のまま、そういう解釈。

しかし、06月08日に下向きになったとすれば、東京時間の06月09日の相場に影響を出してくるわけで、そのときの遅行線は実線とデッドクロスしやすい状況であると言うことが、チャートを眺めていると判断できると思います。

よって、実線が転換線とデッドクロスをしてきたときには、1度要注意と言えるそんなチャートになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?
投資を始めるときの第一歩
英国のEU離脱は、世界恐慌へのトリガーとなる!?
女房を質に入れても売り叩く相場が……
日経平均株価が上昇しているのだから、年金運用だって相当良くなっているはず!
ポケモンGOで損失が出るであろう業界
酉年のオープニング相場は?
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
プレミアムフライデーは普及できるか?
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
世界同時株安で年金積立金管理運用独立行政法人の運用成績はどうなる?
落ちてくるナイフはつかむな
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?
富裕層にはお金を使ってもらうしかないです
投資は人に勧めないで、儲かるなら自分でやれば?という質問に対しての返答

Menu

HOME

TOP