日経平均株価の注目点

困ったときの相場頼み。
ネタに行き詰まれば、とりあえず相場の検証をしておけば、なんとなかなる(笑)

今回は日経平均株価の日足で少し検証。
ローソク足に一目均衡表を重ねたチャートにて。

06月08日にはイギリスの総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官証言があり、株価だってそれぞれの材料で動きそうではあります。
個人的にこのチャートを眺めて、弱気をするだけの根拠が見当たらない。
弱気をする根拠がなければ強気をするしかないと思う次第。

転換線に支えられている実線。
支えられているのだから強い相場のまま、そういう解釈。

しかし、06月08日に下向きになったとすれば、東京時間の06月09日の相場に影響を出してくるわけで、そのときの遅行線は実線とデッドクロスしやすい状況であると言うことが、チャートを眺めていると判断できると思います。

よって、実線が転換線とデッドクロスをしてきたときには、1度要注意と言えるそんなチャートになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

タクシー初乗り410円になると、利用しますか?
マイナス金利の活用方法!
トランプ大統領で日本に利益をもたらす!?
ドル高円安・株式の上昇はいつまで続く?
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う
投資は人に勧めないで、儲かるなら自分でやれば?という質問に対しての返答
先々を見ようとするから難しい
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
26年ぶりの高値を付けた日経平均株価が目指している価格は?
リターンは背負ったリスクの分だけしか得られない!?
催促相場なんて無視してみたら?
三菱東京UFJ銀行が「国債」から離れる?
米大統領選挙と日経平均株価の動向
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。

Menu

HOME

TOP