日経平均株価の注目点

困ったときの相場頼み。
ネタに行き詰まれば、とりあえず相場の検証をしておけば、なんとなかなる(笑)

今回は日経平均株価の日足で少し検証。
ローソク足に一目均衡表を重ねたチャートにて。

06月08日にはイギリスの総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官証言があり、株価だってそれぞれの材料で動きそうではあります。
個人的にこのチャートを眺めて、弱気をするだけの根拠が見当たらない。
弱気をする根拠がなければ強気をするしかないと思う次第。

転換線に支えられている実線。
支えられているのだから強い相場のまま、そういう解釈。

しかし、06月08日に下向きになったとすれば、東京時間の06月09日の相場に影響を出してくるわけで、そのときの遅行線は実線とデッドクロスしやすい状況であると言うことが、チャートを眺めていると判断できると思います。

よって、実線が転換線とデッドクロスをしてきたときには、1度要注意と言えるそんなチャートになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

英国のハードブレグジットを受けて、世界はどう変る?
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
何故、借金王国日本円が買われて、ドル安円高になるの?
FRB議長「ビットコインは極めて投機的資産」
キャバ嬢にモテるには、NYダウを語るといい?!
日経平均暴落!調整は何処まで?
黒田バズーカで戻した分だけ悪くした?
先々を見ようとするから難しい
他人様はあなたに興味がない!
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
年金運用が大失敗だって、ホント?
本当に節約?それって無駄じゃない???
不透明な市場環境だと感じたときには
「神の見えざる手」には逆らえない!?と言うことを理解したい

Menu

HOME

TOP