日経平均株価の注目点

困ったときの相場頼み。
ネタに行き詰まれば、とりあえず相場の検証をしておけば、なんとなかなる(笑)

今回は日経平均株価の日足で少し検証。
ローソク足に一目均衡表を重ねたチャートにて。

06月08日にはイギリスの総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官証言があり、株価だってそれぞれの材料で動きそうではあります。
個人的にこのチャートを眺めて、弱気をするだけの根拠が見当たらない。
弱気をする根拠がなければ強気をするしかないと思う次第。

転換線に支えられている実線。
支えられているのだから強い相場のまま、そういう解釈。

しかし、06月08日に下向きになったとすれば、東京時間の06月09日の相場に影響を出してくるわけで、そのときの遅行線は実線とデッドクロスしやすい状況であると言うことが、チャートを眺めていると判断できると思います。

よって、実線が転換線とデッドクロスをしてきたときには、1度要注意と言えるそんなチャートになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
憲法改正は国会で決まるの?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
ハロウィンって最悪!と日本中でなる前に
何故、借金王国日本円が買われて、ドル安円高になるの?
現代の錬金術は、どのくらい凄い錬金術なのか?
国民年金だけに頼らないために必要なモノとは?
誰もが予測できないことが起こるのが相場・マーケットだという件
景気を良くする方法を考えてみた!
確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
運用リスクの軽減に「72」を活用!
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
景気は可処分所得がモノを言う!?
トランプ氏=ジャイアン?なのか???
金融市場をなくすと景気は良くなる?

Menu

HOME

TOP