日経平均株価の注目点

困ったときの相場頼み。
ネタに行き詰まれば、とりあえず相場の検証をしておけば、なんとなかなる(笑)

今回は日経平均株価の日足で少し検証。
ローソク足に一目均衡表を重ねたチャートにて。

06月08日にはイギリスの総選挙、ECB理事会、そしてコミー前FBI長官証言があり、株価だってそれぞれの材料で動きそうではあります。
個人的にこのチャートを眺めて、弱気をするだけの根拠が見当たらない。
弱気をする根拠がなければ強気をするしかないと思う次第。

転換線に支えられている実線。
支えられているのだから強い相場のまま、そういう解釈。

しかし、06月08日に下向きになったとすれば、東京時間の06月09日の相場に影響を出してくるわけで、そのときの遅行線は実線とデッドクロスしやすい状況であると言うことが、チャートを眺めていると判断できると思います。

よって、実線が転換線とデッドクロスをしてきたときには、1度要注意と言えるそんなチャートになっているのでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

通貨の垂れ流しで失われたモノ
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
分散投資はリスクヘッジになっていないのでは?
日本国債が暴落し、日本が破綻する日
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
日本の借金云々が謳われても、円高になるのだから国債の暴落はない!?と思う件
知ろうとしないと損をする世の中
現代の錬金術をリスクを軽減し家計の中で実践してみると……
酉年のオープニング相場は?
東日本大震災以来のインパクト
WTI原油が12年ぶりの安値
ドル高円安の流れはいつまで続く?
中国上海株式暴落!底なし沼?(笑)
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
公的年金、過去最高収益を出しているのですから、みんなで感謝しましょ!

Menu

HOME

TOP