日経平均株価のチャートの型は?

チャートにはさまざまな形がありますが、そのチャートの形の中に三角保合いと言うモノがあります。
ある地点から上値は切り下がり、下値が切り上がる形。
時間が経つに連れて、上下の値幅が縮んでいく形。
それが三角保合い。

通常の保合いと何が違うのか?と言えば、保合いは時間が経つに連れて上下の値幅が縮んで行かず、上下幅がほぼ平行。
ですから、三角保合いと言っても保合いという名がついていることからも、保合いのひとつ。

 

三角保合いの形が日経平均株価に出ており、今後の展開がどのように推移していくのか?非常に興味深い状況に。

基本的に三角保合は、抜けた方に付いて行くことで対応したい形。
どちらにでも行きやすい形であるから保合っているのであり、強弱の判断がつきづらい状況だと思われます。

三角保合いとひと言で言っても、形は色々あるわけで、今回の場合は上値が切り下がり、下値が切り上がる形。
他の型としては、上値が並行で下値が切り上がる型、上値が切り下がり下値が平行の型などが存在します。

そして、とにかく気をつけておきたいことは、斜めのトレンドラインは気持ちが入ってしまうということ。
自分に都合の良いトレンドラインを引きやすくなるため、必要以上に踏ん張ってしまう傾向が強くなるということ。自分の都合にあった値動きをしてくれるのならばありがたいのですが、勝手気ままに動くのが相場。

基本には忠実に動いていきたいものです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

老後資金に不安があるのならば、これに投資をしておきたい
AI(人工頭脳)と金融経済を考えると……とにかく怖い!
別の道を歩むのも、それまた人生ってやつでしょう
景気が良くなったと言われていますが、これだけギスギスとした世の中では……
ドル円は何処まで?目標値を検証
離婚の原因は……結婚をしたから!
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
究極の時短術!?
誰もが予測できないことが起こるのが相場・マーケットだという件
「得をしなくてもいいから、損はしたくない」という心理が招く大損
不透明な市場環境だと感じたときには
無駄遣いをしながら貯蓄をするには?
もうはまだなり、まだはもうなり
催促相場なんて無視してみたら?
NYダウと日経平均、3月は暴れる要因がたっぷり?

Menu

HOME

TOP