日経平均株価のチャートの型は?

チャートにはさまざまな形がありますが、そのチャートの形の中に三角保合いと言うモノがあります。
ある地点から上値は切り下がり、下値が切り上がる形。
時間が経つに連れて、上下の値幅が縮んでいく形。
それが三角保合い。

通常の保合いと何が違うのか?と言えば、保合いは時間が経つに連れて上下の値幅が縮んで行かず、上下幅がほぼ平行。
ですから、三角保合いと言っても保合いという名がついていることからも、保合いのひとつ。

 

三角保合いの形が日経平均株価に出ており、今後の展開がどのように推移していくのか?非常に興味深い状況に。

基本的に三角保合は、抜けた方に付いて行くことで対応したい形。
どちらにでも行きやすい形であるから保合っているのであり、強弱の判断がつきづらい状況だと思われます。

三角保合いとひと言で言っても、形は色々あるわけで、今回の場合は上値が切り下がり、下値が切り上がる形。
他の型としては、上値が並行で下値が切り上がる型、上値が切り下がり下値が平行の型などが存在します。

そして、とにかく気をつけておきたいことは、斜めのトレンドラインは気持ちが入ってしまうということ。
自分に都合の良いトレンドラインを引きやすくなるため、必要以上に踏ん張ってしまう傾向が強くなるということ。自分の都合にあった値動きをしてくれるのならばありがたいのですが、勝手気ままに動くのが相場。

基本には忠実に動いていきたいものです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

同じことをやっても、結果は違ってくる件
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
無駄遣い 人によっては 自己投資
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
貯金ができないときに必要なモノとは?
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
守る100万円と攻める100万円
「日米首脳会談は上手く行く」と東京時間の為替は言っている模様。
お金がないと幸せになれない!という常識を疑う
TPP離脱の大統領令に署名したトランプ米大統領の本気度と覚悟
経済・金融政策を考えるよりも、為替動向はアイツに聞け!
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
貯蓄などなくても、犯罪でも何でもないんですよ!

Menu

HOME

TOP