日経平均株価のチャートの型は?

チャートにはさまざまな形がありますが、そのチャートの形の中に三角保合いと言うモノがあります。
ある地点から上値は切り下がり、下値が切り上がる形。
時間が経つに連れて、上下の値幅が縮んでいく形。
それが三角保合い。

通常の保合いと何が違うのか?と言えば、保合いは時間が経つに連れて上下の値幅が縮んで行かず、上下幅がほぼ平行。
ですから、三角保合いと言っても保合いという名がついていることからも、保合いのひとつ。

 

三角保合いの形が日経平均株価に出ており、今後の展開がどのように推移していくのか?非常に興味深い状況に。

基本的に三角保合は、抜けた方に付いて行くことで対応したい形。
どちらにでも行きやすい形であるから保合っているのであり、強弱の判断がつきづらい状況だと思われます。

三角保合いとひと言で言っても、形は色々あるわけで、今回の場合は上値が切り下がり、下値が切り上がる形。
他の型としては、上値が並行で下値が切り上がる型、上値が切り下がり下値が平行の型などが存在します。

そして、とにかく気をつけておきたいことは、斜めのトレンドラインは気持ちが入ってしまうということ。
自分に都合の良いトレンドラインを引きやすくなるため、必要以上に踏ん張ってしまう傾向が強くなるということ。自分の都合にあった値動きをしてくれるのならばありがたいのですが、勝手気ままに動くのが相場。

基本には忠実に動いていきたいものです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

国民年金だけに頼らないために必要なモノとは?
カジノの何処がイケナイの?リスクを取らなければ、リターンはないという件
投資は人に勧めないで、儲かるなら自分でやれば?という質問に対しての返答
世界経済の不透明感、世界株安の原因は?
逆転の発想で、簡単貯蓄!?
国公認の新しいギャンブル、iDeCo(個人型確定拠出年金)について思うこと
三菱東京UFJ銀行の仮想通貨は、メリットが存在するのか?
運用リスクの軽減に「72」を活用!
究極の時短術!?
老後資金って言葉に踊らされちゃいませんか?
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
生命保険って「博打」と変わらないでしょ?って件
米大統領選挙と日経平均株価の動向
年金運用が大失敗だって、ホント?

Menu

HOME

TOP