日経平均株価のチャートの型は?

チャートにはさまざまな形がありますが、そのチャートの形の中に三角保合いと言うモノがあります。
ある地点から上値は切り下がり、下値が切り上がる形。
時間が経つに連れて、上下の値幅が縮んでいく形。
それが三角保合い。

通常の保合いと何が違うのか?と言えば、保合いは時間が経つに連れて上下の値幅が縮んで行かず、上下幅がほぼ平行。
ですから、三角保合いと言っても保合いという名がついていることからも、保合いのひとつ。

 

三角保合いの形が日経平均株価に出ており、今後の展開がどのように推移していくのか?非常に興味深い状況に。

基本的に三角保合は、抜けた方に付いて行くことで対応したい形。
どちらにでも行きやすい形であるから保合っているのであり、強弱の判断がつきづらい状況だと思われます。

三角保合いとひと言で言っても、形は色々あるわけで、今回の場合は上値が切り下がり、下値が切り上がる形。
他の型としては、上値が並行で下値が切り上がる型、上値が切り下がり下値が平行の型などが存在します。

そして、とにかく気をつけておきたいことは、斜めのトレンドラインは気持ちが入ってしまうということ。
自分に都合の良いトレンドラインを引きやすくなるため、必要以上に踏ん張ってしまう傾向が強くなるということ。自分の都合にあった値動きをしてくれるのならばありがたいのですが、勝手気ままに動くのが相場。

基本には忠実に動いていきたいものです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
常識が非常識になるのがマーケット
騒げば騒ぐほど、日経平均株価は底なんじゃないの?
ビットコインが100万円超えって、正気の沙汰なのか?
「106万円の壁」に挑戦!
「~しなければならない」と考えるよりも……
日銀の保有国債が増えると、日本国はヤバいの?
どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
誰もが予測できないことが起こるのが相場・マーケットだという件
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
仮想通貨の流れは止められない?
英国はユーロ離脱?事前調査VSブックメーカー
無料の情報は、価値が無いから無料なのです
配偶者控除「◯◯万円の壁」、乗り越えて向こう側の景色を見てみる?
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?

Menu

HOME

TOP