日経平均株価が下がる理由

景気が良いとか悪いとか、よく言われていますが、景気の悪い話は私の周りでは聞かず、景気が悪いのは私一人だけ。
そんな状態で日経平均株価が下がり続けることがあるのか?と言うこと。

下がることはあるのでしょうが、下がり続けるような状態が数ヶ月続くような現象が起こりえるのか?と考えれば、下がり続けるような状態というのは、難しいのかもしれません。

NYダウが大崩れに至っていないということもありますが、下がり続けるだけの「理由」が見当たらない。
下がり続けるだけの理由がなければ、下がらないだろうし、上がり続けるだけの理由がなければ、当然上がらない。

しかし、上がるだけの理由はボロボロと出てはいるようですが、下がり続けるだけの理由があまりない。
「買われ過ぎ」という、非常に抽象的な主観はあるのでしょうが、相場は客観的に見なければならず、主観で相場が獲れるのならば、参加者全員が億万長者になってしまうこととなり、相場そのものが成り立たない状態となってしまう。

チャートの形も上に出てきているようだし、あまり弱気にならずに対応したほうが良いのかも?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

どうせ悪くなるのならば、暴れた方が面白いのかも?
確定拠出年金もリスクを取ることを認識する必要あり!
自公民圧勝で買われるドルと日経平均株価。怖い時代へ本格突入か?
お金に働いて貰う前に、逃げられないように。
高い買い物をするときには、「無料」の言葉には踊らされない!あとで高くつきますよ……
日経平均は11/15がポイント!?
投資は人に勧めないで、儲かるなら自分でやれば?という質問に対しての返答
消費税10%にはならない!?
景気が本当によくならない原因
米大統領選挙と日経平均株価の動向
千里の道も一歩から。不労所得も一歩から。
年金運用が大失敗だって、ホント?
「おやっ?」と思わせるNYダウと日経平均株価
不透明な市場環境だと感じたときには
金銭教育なんてムリ!無理!!だと思うわけ

Menu

HOME

TOP