日経平均株価が下がる理由

景気が良いとか悪いとか、よく言われていますが、景気の悪い話は私の周りでは聞かず、景気が悪いのは私一人だけ。
そんな状態で日経平均株価が下がり続けることがあるのか?と言うこと。

下がることはあるのでしょうが、下がり続けるような状態が数ヶ月続くような現象が起こりえるのか?と考えれば、下がり続けるような状態というのは、難しいのかもしれません。

NYダウが大崩れに至っていないということもありますが、下がり続けるだけの「理由」が見当たらない。
下がり続けるだけの理由がなければ、下がらないだろうし、上がり続けるだけの理由がなければ、当然上がらない。

しかし、上がるだけの理由はボロボロと出てはいるようですが、下がり続けるだけの理由があまりない。
「買われ過ぎ」という、非常に抽象的な主観はあるのでしょうが、相場は客観的に見なければならず、主観で相場が獲れるのならば、参加者全員が億万長者になってしまうこととなり、相場そのものが成り立たない状態となってしまう。

チャートの形も上に出てきているようだし、あまり弱気にならずに対応したほうが良いのかも?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

史上最高値のNYダウは、利上げを誘発するのか?
貯蓄をスムーズに出来るかどうかは「ひと手間」が加えられるかどうかだけ?
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
お金は天下の回りモノ!使えば使うだけお金は貯まる!?
年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
老後のための資産運用って必要あるの?
もうはまだなり、まだはもうなり
崩れかけのダウ、目指しているのは?
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!
日本を大きな地震が襲うと円高になる……何故?
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
日経平均は11/15がポイント!?
「おやっ?」と思わせるNYダウと日経平均株価

Menu

HOME

TOP