日経平均株価が下がる理由

景気が良いとか悪いとか、よく言われていますが、景気の悪い話は私の周りでは聞かず、景気が悪いのは私一人だけ。
そんな状態で日経平均株価が下がり続けることがあるのか?と言うこと。

下がることはあるのでしょうが、下がり続けるような状態が数ヶ月続くような現象が起こりえるのか?と考えれば、下がり続けるような状態というのは、難しいのかもしれません。

NYダウが大崩れに至っていないということもありますが、下がり続けるだけの「理由」が見当たらない。
下がり続けるだけの理由がなければ、下がらないだろうし、上がり続けるだけの理由がなければ、当然上がらない。

しかし、上がるだけの理由はボロボロと出てはいるようですが、下がり続けるだけの理由があまりない。
「買われ過ぎ」という、非常に抽象的な主観はあるのでしょうが、相場は客観的に見なければならず、主観で相場が獲れるのならば、参加者全員が億万長者になってしまうこととなり、相場そのものが成り立たない状態となってしまう。

チャートの形も上に出てきているようだし、あまり弱気にならずに対応したほうが良いのかも?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

老後のための資産運用って必要あるの?
カジノの何処がイケナイの?リスクを取らなければ、リターンはないという件
運用リスクの軽減に「72」を活用!
米大統領選直前、株価の動向は?
みんなで思っている方向の逆に行くのが相場、人の行く裏に道あり花の山
年金運用損失を取り返す方法は、簡単なことじゃない?
日経平均株価を分析してみた
ソフトバンクのiPhone5sがようやく格安スマホで使える!(訂正)
26年ぶりの高値を付けた日経平均株価が目指している価格は?
崩しても怪しい形が出てくる日経平均株価
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
100円割れを見せてきた為替をどう読む?
何もしないことが「リスク」である
NYダウと日経平均、3月は暴れる要因がたっぷり?
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?

Menu

HOME

TOP