日経平均株価が下がって年金がどうなるんだ!?と騒いでいた方々へ

日経平均株価が下がってくると、大騒ぎを始めるのが年金積立金管理運用独立法人(GPIF)の運用成績。
「株式比率をあげたから、損が出たんだ!」だとか「債券だけで運用していれば、こんなに損など出てはいない!」と言いたい放題。
しかし、日経平均株価が上昇してきても誰も誉めてあげないんだから、GPIFだってやってられないでしょう(笑)。

運用をするということは、リスクを取ってリターンを求めるということ。
リスクを小さくすればリターンも小さいし、リターンを大きく求めるのならばリスクだって大きく取らないとならないということ。
こういう基本的なことを無視してすべて「結果論」で話すし、悪いときにだけ大騒ぎをするのだから、「どうなんだろうねぇ?」と思う次第。
「どうなんだろうねぇ?」と思ったことを以前エントリーしてあるので、ご興味のある方はどうぞ。

以前エントリーした日付が2016/04/04であり、本日が2016/04/28なので1ヶ月経過にもなっていませんが、日経平均株価がどうなっているか知っていますか?

日経平均株価週足

日経平均株価の週足です(出処 StockCharts.com)。
13週移動平均線・52週移動平均線・RSIにMACD、そして一目均衡表を重ねてあります。
今回のチャートを眺めてどう思いますか?

2月の安値を試しに3月から4月にかけて下げた日経平均株価。
安値を取れずに反発してきているし、もしかするとのダブルボトム。

MACDがゴールデンクロスし、実線は13週移動平均線とゴールデンクロスし、一目均衡表の基準線を挟んでの攻防戦。
ここから買っても遅くないのかも?と思わせるようなローソク足。

2015年6月・7月の高値からの下降トレンドを否定できるような状態ではないため、ダブルボトムが発言を得ているのか?それとも右肩下がりのトレンドが発言権を得ているのか?が疑問な部分が残るものの、2016年2月にRSIが30割れを見せていることを考えると、上に出てきても不思議のない状況なのだろうと。

個人的な見解ですので、最終的な売買の判断はあなた自身でお願い致しますが、週足から中長期的な判断をすれば押し目買いで行けるのでは?と思わせてくれるチャートとなっています。

もちろん、反対に動いてくることも想定しながら対応が必要ですし、株価予想をするエントリーではないので、チャート分析はこの辺にしておきますが、「ローリスク・ハイリターン」という夢物語を追い続ければ、詐欺あってしまうのが関の山です。
「リスクを取ればリスクに見合ったリターンを得る権利を手にすることができる。」
基本的なことを無視して、見て見ぬふりなどせずに、視野を広げて何事も見ていきたいものですね。

GPIFには何の繋がりもないので、かばう必要などないですが、代わりに頑張って運用をして貰っているのですから、責めることなどしたくない。
今後もリスクを取って頑張ってもらいたいものです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

26年ぶりの高値を付けた日経平均株価が目指している価格は?
「はっ!」とした瞬間が、貯蓄のチャンス!活かすも殺すもアナタ次第!!
相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
「どうせ貰えないから……」という方が減っている?年金納付率が上昇している現実
「残業時間を規制しても問題は解決しない」であろういくつかの理由
例えば、病気で病院に行ったときに病気を治すのは誰?
老後資金 明るい未来は 頭だけ(T_T)
キングコング西野作『えんとつ町のプペル』は作品としてホロッときます。
トランプ相場という言葉に踊らされ続ける?
節税と聞いて真っ先に思い浮かぶモノ
「権力」には魔物が棲んでいる!?
精神的疾患を抱える学校の先生たち……
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
「~しなければならない」と考えるよりも……
同じことをやっても、結果は違ってくる件

Menu

HOME

TOP