日経平均暴落!調整は何処まで?

NYダウが一時1600ドル近く下げ、終値は24345.75ドルの-1175.21ドル。
下落率は4.60%と大きな下げとなりました。

米国経済と日本経済は別でしょうし、上昇されている企業も別ですけれども、NYダウがこれだけ下げたのですから、日経平均株価だって黙っちゃいられないでしょう。

NYダウが4.60%の下落率だったのですから、日経平均だって……と、思っていたら、現時点(2018/02/06 09:41)で下がってくれました。

NYダウを無視して金融経済を語ることなどできないでしょうが、日本在住ならば取引をしているのは日経平均株価がメインでしょうから、日経平均株価のチャートをこっそりと眺めておきたいと。

2016年にダブルボトムの形から上昇局面へ突入。
もちろん、アベノミクスからの上昇となっていますから、その前のリーマン・ショック後の安値2008年-2009年からの上昇という見方もできます。
いろいろな見方ができると思いますが、2015/06の高値20952.71円から2016/06の安値14864.01円まで1年掛けて下げたことにより調整を入れ、14864.01円を起点とした上昇相場が出来上がったという見方で話しを進めたいと。

2018/01に付けた高値が24129.34円
2015/06の20952.71円から2016/06の14864.01円までの下げに対する上昇幅
1.382=23278.59円
1.5=23997.06円
1.618=24715.53円
2=27041.41円
1.5倍の上昇を見せてきた格好になっている状態。

ここから調整が入ったとすれば、2008-2009年からの第4波動目となり、その後に上昇を見せることができれば第5波動目となって三段上げが長期的に完成するチャートに。

第4波動目となるかどうかは分からないものの、第4波動目に入ったと想定して目標値を。
2016/06の14864.01円から2018/01の24129.34円までの上昇に対する押し
0.382=20589.98円
0.5=19496.68円
0.618=18403.37円
21600円どころを現在は推移をしており、まずは最初の0.382の押しを目指して推移という状況。

もし、本格的な調整となれば、1-2カ月で終了するはずもなく、日柄的にも十分に調整をしてくるのでしょう。

ここまでの調整の仕方を眺めていると、0.618の押しは入れてきても不思議はないと、そんな風に考えています。

 

ちなみにNYダウの日足は相対力指数30割れを見せていますから、戻り売りの相場だとしても調整的な時間を経てから下がることが考えられますけどね。
慌てて売り叩くということはどうなのかな?という感じではありますが、買い相場と見て頑張るのは危険なのかも?

投資は全て自己責任で行って下さい。
そして、余裕資金で資金管理を徹底して行うことが良いと思います。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

無料の情報は、価値が無いから無料なのです
東日本大震災以来のインパクト
日経平均株価のチャートの型は?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
日銀の保有国債が増えると、日本国はヤバいの?
金融政策におけるタカ派とハト派
ビットコイン、ETFを認められず……信用の世界で信用がないと言うこと。
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
日経平均株価の注目点
落ちてくるナイフはつかむな
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
蓮舫議員が日経平均株価を押し上げ、稲田議員が日経平均株価を行って来いとさせた?
スタートをするときに、出口を想定する
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?

Menu

HOME

TOP