日経平均は11/15がポイント!?

バブルだとかまだまだだとか、日経平均株価を巡っては、いろいろな意見が出ているようです。
ですが、バブルかどうかだとか、史上最高値を取りに行くのかどうかなど、先のことは誰にも分かりません。
誰にも分からないとちょっと冷めた目線を持ってチャートを眺めると、客観的に検証することが出来るでしょう。

チャートばかりを眺めていると、遮眼帯を装着した競走馬のように視野が狭くなり、目先の動向だけが気になり、木を見て森を見ず状態にさせられてしまうのが相場。
一歩離れた感覚が必要なのでしょう。

再び高値を狙いたい模様です。
超えてくるかどうかは分かりませんが、再び高値を狙うだけの形は整えたようです。

このチャートで一つハッキリと言えるのは、一目均衡表の基準線を実線が終値で割り込んでいない。
と、言うことでしょう。
これがハッキリと言えると確信が持てたならば、基準線割れの終値を見せてきたときには、一回アウトになるのかもしれません。

チャートの形的には11/15を下抜けてきたときにはアウト。
出してきたときには、ガラガラの展開が待っているのかもしれません。

高値を狙う形を整えたという一つの理由は、11/16の陽線。
前日の陰線を下から抱き上げてきた陽線。
この陽線が今の相場のポイントになっていると考えられます。

11/15のを下に出てきたときには、この高値を追うと考えている理由を崩壊させるのですから、強気で頑張るだけの理由がなくなってしまうと言うことになります。

日柄的に、来年3月くらいを高値と考えているため、仮に下に出てきても反発をするような相場になると考えていますが、今の相場は11/15のローソク足を眺めての展開になるように考えています。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相場・マーケットは損をしてからが勝負!!
マイナス金利の日本円が売られ、利上げをする米ドルが売られる理由
老後資金って言葉に踊らされちゃいませんか?
貯蓄・ダイエットに成功する「術」はこれだけ!
100円割れを見せてきた為替をどう読む?
25年という経験則からのお話し
消費増税で景気が良くなる!?
映画「マネーショート」で最後に流れたテロップで思うこと
東日本大震災以来のインパクト
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
運用は損をするのも、利益を出すのも個人の自由であって、「良い」とか「悪い」とかの世界の話ではない
先々を見ようとするから難しい
もしも、銀行口座がマイナス金利になったら……
「ミサイル発射」となっても、マーケットは無視?
恐竜の絶滅を教訓に、マーケットを眺めてみると

Menu

HOME

TOP