日本を大きな地震が襲うと円高になる……何故?

日本に大きな地震が来る度に円高になる不思議な現象。
阪神・淡路大震災のときも東日本大震災のときも大幅な円高になっていました。
今回の熊本地震では、阪神・淡路大震災や東日本大震災並の円高になるのでしょうか?

そもそも「震災にあった国の通貨が何故買われるの?」と言う疑問が湧いてくると思います。
不幸にも震災にあってしまう ⇒ 経済がガタガタになる ⇒ 信用が落ちる ⇒その国の通貨が売られる
こんな連想ゲームになっても良さそうなのですが、日本においては最後の「その国の通貨が売られる」と言う部分が、「その国通貨が買われる」に変化してしまう。

資金

一般的に言われているのは、日本の企業は海外に資産をたくさん持っています。日本で何かがあったとき、その資産を現金に変えて日本に持ち込むのではないか?という思惑が働くというのです。
顕著なのは保険業界。
保険の支払に海外資産を売却し、円に換金して支払う。
諸外国通貨を円に換金するということは、「円を買う」ということですから、円高になっていると。

ただ、この「円高になるであろう」流れを利用して、我先に円を買う輩がいるわけです。
円を買う輩の資金量が大きければ大きいほど、円高の方向に流れていくわけです。
もう、この時点では、震災云々ということは関係がありません。
「円高の流れになっているから円を買っている」ということなのです。

実際のところ、阪神・淡路大震災のときだって、東日本大震災のときだって、保険業界が海外資産を売却して保険金を作ったという話は出ていませんから、すべてが思惑。

為替の値動きを利用して利益をあげるのであれば、どんな材料であっても利用しない手はありません。
事実であろうがデマであろうが関係ありません。
そして、道徳的にどうとか、人としてどうなんだ?ということは一切関係ありません。
流れができているから、その流れに乗って利益をあげているだけ、それだけ。

たまたま、震災がキッカケで円高の流れになったのかもしれませんが、流れがあるからその流れに乗るだけの話であって、震災をキッカケに円安の流れになっていれば、トコトン円を売るのが王道なのでしょう。

ようは震災があると円高になるのではなく、円高の流れになっているから円を買っているのであって、悪意はないと思います。
悪意や善意でマーケットから利益があげられるはずもなく、流れがあるから流れに乗ると利益になり、その流れが円高方向だということ。

「何故、震災があっったのに円高になるの?」とよく聞かれますが、結論的には円高の流れに乗れば利益があがるいう思惑のポジションが膨らむからとしか言いようがありません。
ですから、熊本地震で阪神・淡路大震災や東日本大震災並の円高になるかどうかは、流れがあるかどうか?大量の資金が円高ポジションに傾かどうか?それにかかっていると思われます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

金融市場をなくすと景気は良くなる?
いつまでも、これからも、世の中は搾取する側とされる側で成り立っている
医者に「ガンです」と言われる心の準備はありますか?
例えば、保険を購入しない!
すべての道は「東京五輪」へと続く!
国の借金は1053兆円4676億円で一人あたり830万円を、別の角度から見ると一人あたり122万円!?
禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
神社やお寺のハシゴはよくない???神様や仏様はそんなに小さくないでしょ?
待機児童解消に役立たないですかね?
プレミアムフライデーは普及できるか?
経済崩壊でも中国人の爆買いはまだまだ続く!?
デパートの友の会が流行っているようだけど……
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
家計簿いらずで貯蓄ができる一番手っ取り早い方法

Menu

HOME

TOP