日本でテロが起きたら、保険金の支払いは?

もし、トランプ氏が米国大統領になったら、日本から米軍を撤退させるかも知れない。
そして、日本は軍隊を持てない憲法と真正面から向きあう時間帯となるのかも?
しかし、沖縄の基地問題が解決されるでしょうから、捨てる神あれば拾う神ありでしょうかね。

 

軍人

海外ではテロが頻繁に起きています。
一般市民を巻き込んでのテロ。
日本は島国だからと言って安心などできないのでしょう。
もしも米軍が去ったあとに、テロにあったり、近隣諸国が攻めてきたときには、どうするんでしょうかね?
大変な選択を迫られているのかも?

政治的なことは政治家に任せるとして、もしテロが日本国内で起きたときの対応です。
とにかく気になるのが「保険」
何かがあったとき、万が一のときのために購入しているのが保険ですが、テロや戦争などで保険は適用されるのでしょうか?

 

保険には保険金の支払いが行われない場合が存在します。
それを免責事項といって、保険契約を結ぶときに細かい字でたくさん並んでいる書面に記載されています。

どういう状況で支払いが行われないのか?確認しておいたほうが無難でしょう。
海外旅行に行ってテロに巻き込まれたときに、旅行保険にテロが免責だったら支払われない場合が出てきます。

日本国内でテロが起きた場合、多くの場合は免責でしょうから、保険金が支払われることはないと思います。
ただ、そのときの状況で、世論というかなんというか、東日本大震災のときは「特例」で支払いが行われました。
ですから、支払われることもあるのでしょうが、支払金額が多くなったときには、保険会社の支払い能力がなくなり、支払われないことも。
支払われないことが最初の条件ですから、文句など言えませんけれどもね。

今は、身代金の要求に対する保険もあるみたいで、海外旅行に行く際には、真剣に考えるべき事案なのかもしれません。
そんな時代なのでしょう……なんだかなぁって時代です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

逆転の発想で、簡単貯蓄!?
抜けた方に付いて行くことが基本
110円を切っても、ドル安円高は止まらない?
ドル高円安になるためには●●●●待ち
普通の生活って、どんな生活?
貯蓄は家計簿も節約も要らない!必要なのはコレ!!
痴漢冤罪保険っていうのがあるんですね
ボジョレヌーボー解禁!今年のキャッチコピーも……
空き家問題が一気に解決となる魔法の政策となるか?
暑い夏には、ハッカ油!特におっさんには(笑)
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
忖度って、思いやりだから、悪い言葉じゃないのに……
科学にはなれないのが経済
東日本大震災以来のインパクト
ふるさと納税は政府の東京に対する宣戦布告だった!?

Menu

HOME

TOP