抜けた方に付いて行くことへの事後検証

 

豊洲市場のエントリーが盛り上がってくれているようで、連日のアクセス増加に驚いております。本業では無いところでは、結構盛り上がってくれるのが、このブログのようで、これが運命であり宿命なのかも?(笑)

築地市場移転問題は豊洲市場の土壌汚染が問題ではなかった!?

オチ的には、解体業者も儲けて貰わないとね!ってことなのですが、個人的にはこちらよりも次にエントリーした内容が面白い。

豊洲市場移設は東京五輪ありきで片付けられてしまうのか?

タイトルのつけ方を間違ったかもしれませんが、この時点では仕方がない。翌日、リンク先の都庁のHPに行ったら、削除されていた部分を引用しており、その辺がこのエントリーの大ヒットかと自画自賛(笑)
事前の説明と違う部分を削除……事前の説明を元にエントリーした内容。

最終的にはリスクの軽減になっていれば良いんですけどね。

 

ということで、今回は全く関係のないマーケットの話です。

日経平均株価に関しては、少し前にエントリーしましたが、その形がどのようになっているか?の検証です。
事前検証も大切なのですが、事後検証をどれだけやっているか?これが後々に大きな差に繋がると思われます。

日経平均株価日足

抜けた方に付いて行くことが基本

三角保合いの形だったちゃーとが、どのように変化したか?その辺の検証です。
三角保合いを上に抜けてきたと判断できると思いますが、抜け出た途端に失速。
三角保合いの形と言うよりも、上昇トレンド帯という形になってきた模様。三角保合い見解として良かったものの、上抜けし上限のトレンドラインを形成した理由が分かると次の展開を考えやすいというもの。

結論から言ってしまえば、高値を取りに行ったときの週足が、52週移動平均線にぶつかろうとしていたところであり、52週移動平均線が抵抗になっていたと考えられるわけです。

この上昇トレンド帯がいつまで続くのかは分かりませんが、日足を見ているばかりではなく、週足の検証もする必要が出てきたということになるのでしょう。
トレンド帯であっても抜けた方に付いて行くということが基本だと思いますけどね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
投資を始めるときの第一歩
綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件
宅配業者は値上げだけで、問題の改善ができるのか?
人手不足は人がいないからではなく、制度に問題があるのでは?
保身がある限り、いじめはなくならない?
タイミングを無視した政策よりも、時間を考えた政策のほうが、効果があると思える件
トランプ氏=ジャイアン?なのか???
消費税増税再延期は、勇気ある撤退!?
老後資金って言葉に踊らされちゃいませんか?
交渉相手って、当事者だけではないと思うのだけれども
誰のために東京五輪は開催をするのでしょう?
ビットコインが暴落と言うけれど、年初はいくらだったのか知っていますか?
これだけの効果が考えられるのだから、ポケモンGOを国策として推奨しよう!(笑)
日経平均株価が下がる理由

Menu

HOME

TOP