抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【常識】って言ったもん勝ちなんじゃない?
世紀のバラマキ策は、否決……しかし、今後は考える必要あり
ポケモンGOで損失が出るであろう業界
バブル経済は、人為的にしか起こらない!?
人という字は、人と人が支えあってできているということでもいいじゃない?
マイナス金利から10年国債が買われて、住宅ローンの固定金利が下がることに……
逃げられない五輪開催地、逃がさないIOC
豊洲市場移設は東京五輪ありきで片付けられてしまうのか?
英国のEU離脱から考える、円高のピーク時期と価格
仮想通貨の流れは止められない?
酉年のオープニング相場は?
無知は罪なり……無知が死亡事故を起こしてしまう可能性あり!
国会の先生方、情けないアピールはやめて、政治家らしいことをそろそろ始めてみては?
本当に節約?それって無駄じゃない???
知ったら終いで、ドル円は円高に進む?

Menu

HOME

TOP