抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これで過熱競争が止むのか?ふるさと納税
プライマリーバランスの黒字化は国際公約?目的ではなく手段なのでは?
根本的なルールの見直しがないと、ふるさと納税は消滅しちゃうんじゃないの?
中国上海株式暴落!底なし沼?(笑)
いまいちピンとこないサービス
日経平均は11/15がポイント!?
守る100万円と攻める100万円
君子危うきに近寄らずってことが一番!
お金で防げる不幸(自動車事故)
「103万円の壁」や「130万円の壁」の踊らされる……件
25年という経験則からのお話し
南海トラフ地震のリスクが高まっていても、それでも家・土地を購入しますか?
103円台に突入のドル円相場は、何処で止まる?
五輪の仮設整備費用は、都の負担ではなく、国の負担にすべき理由
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件

Menu

HOME

TOP