抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

同じことをやっても、結果は違ってくる件
第三者委員会って何?そして、リオ五輪閉幕時に誰がバトンを受け取る?
ハロウィンって最悪!と日本中でなる前に
科学にはなれないのが経済
差別は永遠?言い回しひとつ?
かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!
マイナス金利に救世主が現れる!?
セクハラ漢字問題集 表現方法を間違えないことが重要なことなのかも?
景気が本当によくならない原因
リスクオンだとか、リスクオフだとかという件
もやし業者が悲鳴をあげているようです。が、何故、価格をあげないのか?
ホッピーを呑まないの?ならば、下町ハイボールは如何?
「保険の見直しだけをするな!」ってお話し
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
体育祭の練習中に怪我をした……そのときの保険

Menu

HOME

TOP