抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

解散総選挙に「大義」など必要ない!?
奨学金 甘く厳しく 平等に
抜けた方に付いて行くことへの事後検証
相続対策で空室物件が増える!?
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
「妻がパートに出ます」というのは、世帯収入が増えるだけで、貯蓄が増えるわけではない!
景気を良くする方法を考えてみた!
景気を浮上させるには、相続税に手を入れるしか無いか?
詐欺に引っかかるのは年寄りばかりじゃない……
低所得者向け給付に、【お米】っていう選択肢はダメ?
生きづらい世の中になっていると言うことでしょうか?
金銭教育なんてムリ!無理!!だと思うわけ
豊洲市場移設は東京五輪ありきで片付けられてしまうのか?
すべての道は「東京五輪」へと続く!
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……

Menu

HOME

TOP