抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

25年という経験則からのお話し
ヘイトスピーチ?言論弾圧?
経済崩壊でも中国人の爆買いはまだまだ続く!?
医者に「ガンです」と言われる心の準備はありますか?
貯蓄は家計簿も節約も要らない!必要なのはコレ!!
相場・マーケットで利益を頂戴するには、異性を口説く感覚が必要である!?
世界経済の不透明感、世界株安の原因は?
日経平均株価のチャートの型は?
利益を出すために資産運用を始めることは、利益を得ることと全く関係がありません
日経平均株価の注目点
禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
黄色い長財布にしても、お金は貯まらないと思いますけど……
何故に流行らない?時代は【デビットカード】
通貨の垂れ流しで失われたモノ
かぁさん、マイナス金利が庶民のライフプランに影響を与え出しました!

Menu

HOME

TOP