抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
UFOよりもヘリマネにきて欲しい!
お金に働いて貰う前に、逃げられないように。
精神的疾患を抱える学校の先生たち……
例えば、病気で病院に行ったときに病気を治すのは誰?
英国のEU離脱は、進むも地獄、退くも地獄!?
豊洲市場の地下水汚染、急激に悪化!また、癒着?それとも改ざん?
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
時代が求めたトランプ米大統領の誕生。非常に重要なディフェンス局面なのかも?
サブリース詐欺!?甘い言葉の裏側には……
差別は永遠?言い回しひとつ?
ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?
格安スマホ 消費者物価に反映へ、シェア拡大で無視できない状態に?
社会的な空気に踊らされないために必要なモノを考える
運用リスクの軽減に「72」を活用!

Menu

HOME

TOP