抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

NYダウと日経平均、3月は暴れる要因がたっぷり?
購買力平価を人に例えたときには、変な話になってしまう……
相場・マーケットにおいて本当に必要なモノ
東京23区で唯一人口が減少している区があった!
貯蓄は家計簿も節約も要らない!必要なのはコレ!!
ドル円は再び100円割れに挑戦!そして、前回の目標値は?
交通渋滞予想はどうやって決めているの?
貯金ができないときに必要なモノとは?
今後、流行語大賞候補に上がるだろう「マイナンバー倒産」!?
ホッピーを呑まないの?ならば、下町ハイボールは如何?
普通の生活って、どんな生活?
「マイナス金利」が国民に与える影響(実例)
デビットカードの利用が急増!!って、もともとのパイが小さいけどね……
禁煙・喫煙よりも、「犬の小便」をなんとかしてよって件
富裕層にはお金を使ってもらうしかないです

Menu

HOME

TOP