抜けた方に付いて行くことが基本

 

ネタに困ったときには、チャートの話をするのが定番?ではありますが、今回は為替ではなく日経平均株価のチャートから。
チャートの見方は基本的に同じですから、銘柄はなんでもいいんです。
ちょっと極端かもしれませんが、便宜上銘柄という名称が付いているだけで、所詮、場に投げ出されたお金の奪い合いが相場でありマーケット。
それを理解していれば、余計なことを考えずに対応できると思いますよ。

日経平均株価日足

チャートの形だけを今回は述べておきますが、上値が押さえられて下値が支えられる展開。
三角保合いだということなのでしょう。そして、三角保合いの対応の仕方はとなると「抜けた方につく」ということになるのでしょう。
上抜ければ上抜けを確認してから買い、下抜ければ下抜けを確認してから売る。
自分の思惑を入れずに、チャートの形がハッキリしてきたときに参加する。こういうことが大切なんだろうと。

個人的に集めたデータからの話になりますが、こういう形のときには上に出る事が多いんですけど、今回はどうなることやら……

三角保合いおよび保合いの基本は「抜けた方につく」ということです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

離婚の原因は……結婚をしたから!
人生いろいろ、十人十色
2011年03月11日14時46分18秒から5年です
ビットコインが100万円超えって、正気の沙汰なのか?
日経平均株価を分析してみた
ボジョレヌーボー解禁!今年のキャッチコピーも……
これだけの効果が考えられるのだから、ポケモンGOを国策として推奨しよう!(笑)
株式相場はババ抜きの世界ですよ。知りませんでしたか?
今の国会で利益をあげている人、損をしている人
何故、借金王国日本円が買われて、ドル安円高になるの?
綺麗事ですが、「子どもたちの未来を明るくするために」という件
東京五輪は東京で開催する必要性があるの?
誰のために東京五輪は開催をするのでしょう?
英国のEU離脱は、進むも地獄、退くも地獄!?
日経平均株価が大興奮状態になるときには、こんな共通点があった!

Menu

HOME

TOP