投資した 気付かぬ内に 凍死した

これから投資を始めようとする方々は、期待と不安が入り混じっていると思いますが、判子を押した瞬間に期待値だけがやたらと大きくなるから不思議。全部が全部とはいいませんが、たいていの方が期待値がパンパンに膨れ上がる。もちろん、不安だらけならば判子など押さずに、投資などやらないでしょうけどね。

地方公務員女子が金融機関の餌食になる理由
預けた500万円が、知らぬ間に300万円に

東洋経済オンラインに掲載されていた記事。記事の内容は「ちょっと盛ってないかい?」と言うようなシチュエーションですが、言いたいことはよく分かる。

低金利時代だから少しでも有利な商品で利回りを希望したい。
金融のことなど分からないから、ネームバリューを信用する。
結果が伴わないと、金額的にも精神的にもダメージを受ける。
投資をするという選択肢を排除してしまうと、損をしてしまう。

個人的に思うのは積極的に投資はすべきだということ。投資という選択肢を排除するのは、利益を最初から拒否することだと考えています。
が、なにも無理に投資をする必要もない。「知らぬが仏」という言葉があるように「投資」という言葉そのモノを排除してしまえば、利益を得るチャンスを逃したということすら分からず、損に気が付かずに暮らせるのですから、それは一つの選択肢。

投資を始めるのならば、きちんとルールを勉強すべきでしょう。ルールすら分かっていないモノに命の次に大切だと言われるお金を投入するって、私には不思議に思えて仕方がない。
例えば、あなたは麻雀をご存知ですか?ルールも分からない、役も分からない状態で、雀荘で麻雀を打ちますか?ってこと。身ぐるみを剥がされて道端に捨てられるのがオチでしょう。

そして、投資と言うのはいろいろなやり方があります。すべてを知る必要もないのでしょうが、興味のあるものから考えていく必要があるのでしょう。他人任せでは話になりません。他人任せにするのならば、多額の手数料を支払う必要があります。手数料は安く、サービスは厚くなんてことは、夢物語。こんな考えを持っている時点で、負けが決定的だと思います。

話せば長くなるし、簡単なことではありませんので、要点だけを述べておきますが、先にも述べたように、ルールを知ること。次に他人任せにしないこと。そして、利益を出すために投資をするという強い信念を持つこと。この辺のことが大事なことになります。

しかし、投資はすべての方が成功するわけではありません。失敗したときの対処法、資金配分にリスク管理。こういったモノも同時に必要とされてきます。

こういう話になると「面倒だからイイや……」となる方が出てくると思いますが、そういう方はヤラないほうが無難。利益を得られずに指をくわえてみていればいいだけの話。
「利益を得られなくても損もしない!」とおっしゃる方が結構いますが、黙っているだけで損をし続けている時代なんですけど、勉強をしない努力を嫌う方には何を言っても無駄。相談料金を貰ってお話をするのならば、きちんとお話をしますが、こういった部類の方々は「情報はタダ!」という観念をもっていますから、私が疲れるだけですから私が嫌(笑)
価値のある情報は有料であり、自分で勉強をするよりも時間の短縮になる」という思考を持たれている方は、投資で失敗をするようなことにはならないでしょう。

ぶっちゃけた話をすれば、投資で失敗するパターンは数あれど、純粋に投資で失敗をするという人は少なく、「そもそも投資を始める前の話でしょ?」という感じの方が多いのが事実。

投資した 気付かぬ内に 凍死した

なんてことにならないように、しっかりと検証し、必要ならばパートナーを見つけて下さい。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

住宅ローンは「売っぱらえばなんとかなる」という状態で!
失言も 暴言も己に 跳ね返る
マイナス金利という金融政策は、受け取り側次第で化ける可能性あり!
教科書を電子書籍化できないの?
米インフラへの投資は売国奴か?そもそも公的年金を使う資格が政府にあるのか?
スポーツ推薦はありだと思うけど……合否の公正さは明確に!
消費税率10%へ引き上げに賛成過半数って……国に頼っているの?
人口が1億人を切っても怖くない!これからの人生で大切なキーワード
交通渋滞予想はどうやって決めているの?
投票率は大きく伸びず、与党は2/3の議席を確保したけど、選挙資金規正法はどうなるの?
あなたも「東北で良かった」と思っていませんか。
生命保険って「博打」と変わらないでしょ?って件
年金が貰えるか分からないというけど、年金制度は永久に残ると思う。
人が動いて無料ってモノはないんじゃない?
もうはまだなり、まだはもうなり

Menu

HOME

TOP